ふもとっぱら 富士山

8月の最終週の平日にふもとっぱらに次男と2人で行ってきました。

6月に行った「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」の時も父子キャンプだったのですが
あの時はキャンプ仲間のK家のみなさんが一緒だったので、純粋な父子キャンプ(2人きり)は今回が初めてとなります。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場で初めての父子キャンプ

2017.07.12
カミさん
ホントに2人で大丈夫かぁ!?

という周囲の不安をよそに過去最高と言っていいくらいの楽しいキャンプとなりました。

ふもとっぱらとは

ふもとっぱら案内図

ふもとっぱらの名前の由来は、富士山・毛無山の「ふもと」と「原っぱ」を足した造語らしいです。

アクセス

我が家(埼玉)からは関越道→圏央道→中央道「河口湖I.C」→国道139号線で2時間ほどの道のり。
キャンプ当日は平日ということもあり、6時に出発して談合坂でトイレ休憩してもチェックイン時間の8時半ちょうどに到着。

談合坂休憩
予定通りすんなり行けました。

キャンプ料金

料金は5名まで、テント一張り、車・バイク一台まで3,500円と結構お安い感じですが、今回は2ルームテント+1,000円とタープ+1,000円=5,500円となりました。

他にも追加料金が取られる場合があります。

  • 人数が6人目からは1人につき+1,000円
  • 車2台目以降は1台につき+1,000円
  • テント・タープ一体型も+1,000円

 

なぜふもとっぱら?

  • いわゆる高規格ではないキャンプをしてみたかった
  • 神経質なカミさんと長男が行けなかったので高規格ではないキャンプをするチャンスだった
  • 富士山を見ながら広大なフリーサイトで次男と2人でのんびりしたかった
  • ふもとっぱらに漠然とした憧れがあった

次男坊との関係は良好なのですが、たまにギスギスしてしまう時があり2人っきりでゆっくり話をしたいなぁと思っていて
それだったらキャンプだろー、それだったらふもとっぱらだろー、ということで
ふもとっぱら行ってみました。

平日のふもとっぱらはガラガラでした

どこのキャンプ場も平日は空いてるんでしょうが、ここは広すぎて余計にそう感じます。

ふもとっぱらキャンプ場

一番近いお隣さんでも100メートルはあったんじゃないかな。

富士山は3回拝めました

富士山の頂だけちょろっと見えてるのわかりますかね!?

ふもとっぱら 富士山

ふもとっぱら 富士山

年賀状で使えるぞ!

などと言ってたのですが、どこで撮ったのかサッパリわからないな、これは。



 

ふもとっぱらでの過ごし方

富士山がバッチリ拝めればなんとなく間がもったんですが、あいにくの天候だったので各々好きなことをやる事に。

富士山見えないから、とりあえずキャッチボールでもやるか!?
次男
んー、とりあえず漫画読む!!

 

ふもとっぱらで漫画

お気に入りの「SLAMDANK」を持ち込んでいた次男は、この後一気に全巻を読破してました。

 

手抜きキャンプ飯

前回のキャンプから手を抜く事に味をしめ、温める・焼くのみの簡単ご飯です。

館山シーサイドビレッジで海水浴キャンプしてきました

2017.10.06
キャンプ飯

一応ガスは使わずに炭で温めてキャンプっぽさを演出してみたり。

冷凍キャンプ飯 簡単キャンプ飯

袋から出して温めてただけなのを見ていたはずの次男坊をも

次男
お父さん!料理の天才!!

と、言わしめるほどの美味しさ。冷凍チャーハンおそるべし。

 

新アイテムPart1 コーヒー編

今回新調したギアが二つあるのですが、その内の一つがコレ。

スポンサーリンク

3回目のキャンプへ行くのに合わせて、キャプテンスタッグのパーコレーターを購入していたのですが、中の部品が壊れてしまったので新しいのを買うかどうか物色していたところ見つけたものです。

紙のフィルターが要らないっていいなーっと思って買ってみました。
特別な手入れは必要なく、普通に水洗いでOK。目詰りすることもなく便利な一品でした。

ウッドルーフ奥秩父で秋キャンプ 2016年我が家のキャンプ事情③ 

2017.04.06
E-PRANCE コーヒードリッパー ステンレスフィルター E-PRANCE コーヒードリッパー ステンレスフィルター

コーヒーミルの設定をパーコレーター用のまま豆を挽いてしまったので、かなり粗めでコーヒー風味の白湯になってしまいました。

それでも

ふもとっぱらでコーヒー淹れてるゼ
みたいな自己陶酔でかなり美味しかったですけどね。



広大な敷地を散歩してみた

キャンプ場内をセグウェイで疾走するグループがいたんです。
それがすっごく楽しそうで

アレやろうよ!!
次男
楽しそう!やるやる!!

ノリノリだったんですが、年齢制限があって18歳以上しかできなかったです。残念。
冷静に考えれば、小学3年生じゃ無理ですな。

しょうがなく歩いて一周する事に。

 

ふもとっぱら

富士山を背にして自サイトを撮ってみました。

分厚い雲に覆われ今にも雨が降り出しそうな空模様。
ちなみに夕方から夜にかけて雨の予報だったので想定内です。

ふもとっぱら

さらに先に進み自サイトを撮ってみました。

これでも端っこまではまだ来た道のり以上の距離があります。
流石にぐるっと一周はやめて小さく一周する事にしました。
それでも帰り道はグッタリです。

ふもとっぱら

この木もいい雰囲気でした。

 

ふもとっぱら トイレ

トイレや

 

ふもとっぱら シンク

流し台がいい距離感で点在してます。

 

ふもとっぱら

 

 

ふもとっぱら散歩

とてつもなく広いキャンプ場です。

 

この後、予報通り雨がポツリポツリふってきたので慌てて戻って焚き火をしました。

新アイテムPart2 焚き火編

ふもとっぱら 焚き火

「火吹き棒」とか「ふいご」ってヤツです。
前回グルキャンしたときに、いつも一緒に行ってくれてるK家のみなさんが使っていたのをパクりました。

初夏の丸沼高原オートキャンプ場で大人も子供も大満足

2017.08.09

消えかかっている火も一吹きで蘇ります。

収納サイズはなんと95㎜!手のひらサイズです!!しかも収納ケース付。
そこから最長485㎜まで伸びます。
超絶便利です。

 

スポンサーリンク

ふもとっぱら

夕食も簡単に

ふもとっぱら

肉焼いて
ふもとっぱら 夕食 冷凍ポテト

冷凍ポテトを温めて
ふもとっぱら ライスクッカー

ご飯炊いて
ふもとっぱら 夕食

家ではあまり飲ませてもらえないコーラをガブ飲みしました。
 

夕食後入浴→焚き火

この日は団体さんが泊まっていた為、18時から22時までの間で風呂に入れました。

浴室は結構広くて、ちょっと古びた銭湯みたいな感じ。
シャンプーとボディーソープは置いてあります。

8月とはいえ、日が沈むと若干肌寒かったので湯船に浸かれてよかったです。

ふもとっぱら 雨
入浴後はガンガン焚き火をして、体が冷えないうちに寝ようとしたのですが、次男坊との2人っきりの焚き火トークが盛り上がり結局寝たのは23時・・。
今回のキャンプの最大の目的は次男との語らいだったので、それは果たせたから良かったは良かったのですが、もう一個の目的である「富士山を拝む」が、天気予報によると明け方から7時くらいまでしか叶いそうもなかったので、出来れば早寝早起きしたかったんだよな〜

翌朝は3時起床

さすがに辺りはまだ真っ暗で何も見えませんが、空には星がチラホラ。
まずは火を起こし暖を取りつつ明るくなるのをしばし待つことに。

 

そして、ついにその時が来ました!

ふもとっぱら 富士山
時刻は4時半。ちょっとかわいそうだったけど次男を無理やり起こしました。

ふもとっぱら 富士山
この後10分も経たずに、また寝ちゃいましたけどね。

ふもとっぱら 富士山

ふもとっぱらでの父子キャンプの感想

受付を終えキャンプ場に乗り入れた瞬間、思わず車を止め、しばし次男と2人で「すげーなー!」を連呼していました。

その後も終始広大なキャンプ場に圧倒されまくり、特に言葉は発せずとも次男との距離は縮まった気がします。

なんだか悩んでいた事全てを、「ちっぽけな事だったんだなぁ」と思わせてくれる、そんな前向きな気持ちにさせてくれる素晴らしいキャンプ場でした。

ふもとっぱら 記念写真

次は家族4人で行こう!(家族向けのコメ


スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です