次男坊と2人っきりで「ふもとっぱら」へキャンプに行ってから早3ヶ月。

聖地ふもとっぱらへ

2017.10.20
キャンプに行きたくてウズウズしてたのですが、ようやく行くことができました。

場所はウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場。

こちらのキャンプ場は初キャンプをした思い出の場所で、今回で3回目になるのですが、いつ来ても綺麗で過ごしやすい、我が家お気に入りのとても良いキャンプ場なんです。

ウッドルーフ奥秩父で秋キャンプ 2016年我が家のキャンプ事情③ 

2017.04.06

【夏休みキャンプにオススメ】ウッドルーフ奥秩父で初キャンプ 2016年我が家のキャンプ事情①

2017.03.31

長男の部活や次男のサッカーが忙しくなってきており、今年最後どころか、ひょっとしたら年単位でしばらく行けなさそうなイヤな雰囲気を吹っ飛ばすべく目一杯楽しんできました。

3回目のウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場

積載

キャンプ 積載11月とはいえ気温的には冬場のキャンプという想定で、ストーブ積んでホットカーペット積んで、今回も後方視界は無しかなっと思っていたのですが意外とスカスカでした。
後はクーラーボックスを積んで終わりです。

ルーフボックス
ルーフボックスも余裕です。
いつもは閉めるのにエライ苦労するのですがスンナリ閉まりました。
積載もだいぶスマートにできるようになってきました。
これも「慣れ 」ですかね!?
目指せ脱初心者!!

出発

我が家から奥秩父まではおよそ2時間。
ウッドルーフのチェックインは13時からですが、アーリーする気満々で10時着を目指します。
今回は関越道の高坂SAで朝食をとるため家を6時に出発しました。

のんびり走って7時前にSA到着。

チョットわかりづらいですが富士山が綺麗に見える席で朝食です。

高坂SA朝食

高坂SA朝食カミさんと長男が「洋」で

高坂SA朝食私と次男が「和」です。

なかなか美味でした。

この後、道の駅寄ってプリン買ったり、ちょっとブラブラして時間調整して10時ピッタリ到着です。

キャンプ料金

こちらのキャンプ場は、いわゆる高規格キャンプ場で料金も若干高めです。

ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場
  • ウッドデッキ電源サイト料=8,200円
  • アーリーチェックイン500円×3時間=1,500円
  • レイトチェックアウト(〜13時)=1,500円
  • ゴミ袋200円×2枚(燃える・燃えないゴミ用)=400円
  • イワナ450円×4匹=1,800円
  • 薪600円×4束=2,400円

合計15,800円也
若干どころか、かなり高いですね!?

まぁ、施設も綺麗ですし、神経質なカミさんと長男も此処なら上機嫌だし、何より家族全員お気に入りのキャンプ場なので安いもんだ!!
と、思うようにします。

設営

ウッドルーフ奥秩父 テント設営
一生懸命に設営したので写真ナシです。

今回もテント設営は早かったv(^_^v)♪

長男は車酔いしたため手伝いは出来なかったんですが、カミさんと次男の働きが素晴らしく、インナーテント設置まででおよそ30分!素晴らしい!!

トルテュpro 設営 トルテュpro インナーテント

カミさんと長男が行けなかった嬬恋キャンプの時に

カミさん居た方が時間がかかる
みたいなこと言っちゃったんですが、訂正してお詫びしたいと思います。
カミさん、すみませんでしたm(_ _)m

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場で初めての父子キャンプ

2017.07.12

今回のキャンプからキッチン設置

今までは一つのテーブルで調理から食事まで全てまかなっていたのですが、今回のキャンプからキッチンテーブルを使うことにしました。

スノーピーク キッチンテーブル

スノーピークのやつです。simple is bestです。

キッチンテーブルは、無くてもいいギアの筆頭みたいな記事をよく見ていたので、まるっきり頭に無かったんですが、これはあった方が便利というか楽ですね。

キッチンテーブル

今までは食事をするテーブルの上にゴチャゴチャと色んなモノが乗っかっていたので、それらを全て片付けてから食事をする感じだったのですが、その行為が不要になりました。
また、それらのモノをここにまとめられるので、よく行方不明になるキッチンバサミ等を探すという行為がなくなりました。

モノが行方不明になると

『誰が何処に置いたのか』

と、ちょっとした犯人探しみたいな会話が延々と続いてしまうので、それが無くなった分イロイロな意味で
時短になりますし、ストレスがなくなったのがデカいですね。

ゴミ箱も新たに

スノーピークのガビングスタンドをキャンプ仲間のK家のご主人に譲っていただきました。

ガビングスタンド

これまではテーブルにゴミ袋むき出しでガムテープで貼り付けてたんですが、こういうのあった方が良いですねー。
これだけでサイトがスッキリした感じがします。

ウッドルーフ奥秩父 D-7サイト



本日のメニュー

 

相変わらず焼くだけの簡単メニューです。が、今回はちょっと豪華です。

キャンプでの飲み物

ブロック肉の吊るし炙り焼きと鮭の丸焼き

正式名称みたいなのはよくわかりませんが、他の方のブログ等で拝見していて、コレは真似しようとずっと思っていた調理方法です。

家で塩・胡椒・ニンニクで下味つけた豚と牛のブロック肉をトライポッドで長時間吊るします。

ブロック肉吊るす

まずはS字フックを肉にぶっ刺して

ブロック肉吊るし炙り焼 ブロック肉吊るし

トライポッドに吊るします。

火が当たらない程度に高さ調整しつつ、気長に焼けるのを待ちます。

ブロック肉炙り焼き

鮭も一緒に焼いているのであまり火を大きく出来ない状況です。

ちなみに鮭は昼メシ用で肉は晩メシ用です。

キャンプ 炊飯

いつものユニフレームのライスクッカーでご飯を炊いて昼メシの準備完了。

ユニフレーム ライスクッカー ウッドルーフ 昼メシ ウッドルーフ 昼メシ

吊るされた肉塊を眺めつつ、鮭ご飯をいただきました。

デザート

デザート

本日のデザートは『道の駅 はなぞの』で買ったプリンとチョコレート。

焼き芋

それと焼き芋。

焼き芋

芋の種類はわかりませんが、スゲー甘くて美味しかった。(キャンプ効果かもしませんが・・。

キャンプ場を散歩してみた

ウッドルーフ散歩

お腹も一杯になったので散歩することに。
帰り道のことを考えると憂鬱になるくらいの急な坂道を降りると川に行けます。

ウッドルーフ 荒川

初めて見るわけではないのですが、あまりの水の綺麗さに見惚れる二人。

ウッドルーフ 川遊び

今年は紅葉には間に合わずちょっと残念な感じですが、子供達はそんなの関係なく元気に走り回ります。

ウッドルーフ 川遊び ウッドルーフ 川遊び

案の定、帰り道はみんなヒィーヒィー言いながら戻りました。



夜の準備

ランタン

だいぶ日も陰り、あっという間に暗くなりそうだったので、とっととランタンの準備をしました。
今回のメインはケロシンランタンです。

コールマン ケロシンランタン

コイツは燃料の都合上、我が家のキャンプシーンでは寒い時期のキャンプでしか使いません。

燃料入れて、アルコールでプレヒートして、指を痛めながらポンピングして・・。

コールマン ケロシンランタン プレヒート

この便利な世の中にあって、明かりを灯すのにこんだけ手間がかかるんだぞ!
なんて、子供達に偉そうに言ってみたり出来ちゃうこのランタンが大好きです。

コールマン ケロシンランタン

ノクターン

そして、2017雪峰祭秋限定のノクターンです。

2017雪峰祭秋 ノクターン

とても良い雰囲気です。
『最高!』の一言に尽きます。

肉塊はどうなったかというと

吊るし炙り肉 4時間後

 

 

良い感じになってきました。
1時間ごとにひっくり返して4時間くらい経過してます。

吊るし炙り肉 5時間後

さらに炙り続け

吊るし炙り肉5時間後

チョットやり過ぎたかなって感じになっちゃったので切ってみました。

吊るし炙り肉 切ってみた

チョット赤いかなぁ・・ぐらいで、全然食べられそうだったのですが、ウチの息子達は生ものが苦手なのでさらに炙ることに。

イワナも焼いてみた

万が一、『吊るし炙り肉』が失敗した場合の保険で、イワナを用意してもらっていたので念のため焼いておきます。

イワナ イワナ

焼き物は簡単で美味しくて良いですね。
『焼き物最高!!』の一言に尽きます。



夜も更けて

ウッドルーフ D-7 ウッドルーフ Dー7

結局、肉塊は完全に焼けている回りの部分を子供達が食べ、真ん中付近の赤い部分は翌朝にしっかり焼いて食べることにしました。

切りながらつまんだ感想としては

かなり美味いぞ!コレは!!

オレだけ大満足しちゃいました・・。

この後は

焚き火

大好きな焚き火をして、unoやって寝ました。

翌朝

楓と霜

かなり冷え込みました。
あたり一面霜で真っ白です。

車の霜 テントの霜

テントも結露が半端なく、撤収までに乾くか心配でしたが、なんとか乾燥撤収出来ました。

 

ウッドルーフ 撤収

2017秋ウッドルーフの感想

去年も同じ時期に来たのですが、その時よりも人の数は多かったです。
去年はチョット寂しい感じだったのですが、今年はチョット賑やかに、でもうるさい訳ではなく、とても心地よく過ごせました。
これでしばらくキャンプには行けなくなりますが、当面の最後を飾るにふさわしい最高の思い出になりました。

来年も絶対来るぞー!

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です