スノーピーク ギガパワーストーブ地GS-100 ウィンドスクリーンS GP008

今までギガパワーストーブ地GS-100には風防の類は付けずに、そのまま使用していたのですが、ふとした事で手に入れたので使ってみたら

もっと早く使っとけばよかった

って感じだったので紹介します。

ギガパワーストーブ地に関しては私が所有している個体独自の問題かもしれませんので参考程度に流して下さい

スノーピーク ウィンドスクリーンGP-008

スノーピーク ウィンドスクリーンS GP008

ギガパワーストーブ”地”を風から守り燃焼効率を上げる専用オプション

Spec

仕様

ウインドスクリーン S


  1. サイズ

    φ118×15mm


  2. 重量

    58g


  3. 特長

    便利なオプションが使い勝手を向上します


  4. 仕様

    ●サイズ:φ118×15mm●材質:18-8ステンレス●重量:58g

    引用:スノーピーク

元々、ギガパワーストーブ地を購入した時にコレも一緒に買ってしまおうと思ったんですが、手に取った時に

コレは意味あんのか⁉

ていうくらい薄っぺらくて、重要性や必要性を全く感じなかったんです。

購入動機

では、なんで買ったかというと、スポーツオーソリティのセールでスノーピークの小物を買い漁っていて、気付いたらカゴに入っていました…

GS-100持ってるし、買ってもいいか

くらいな軽いノリで

スノーピーク ギガパワーストーブ地GS-100

スポンサーリンク
 

我が家のギガパワーストーブ地GS-100は火力の微調整が全く出来ず、極端に強火か中火の2段階仕様でした。

中火から少しでも小さくしようものなら容赦なく火は消えます。

買った最初からこの仕様だったのでこんなモノかと思ってたんです。

だからと言ってウィンドスクリーンS GP-008に何かを期待していた訳ではないんですけどね。

結果、どうだったか

買って大正解でした!

冒頭にも書きましたが、なんでもっと早く買わなかったんだろう…。
っていうか、コレは付属品とするべきなのでは⁉と思うくらい。

スノーピーク ギガパワーストーブ地GS-100ウィンドスクリーンS GP008

どういう事かというと、コレを付けたら超弱火〜強火まで思いのままに火力を調整出来るようになったんです。

理由はよくわかりませんが、思うに、

 噴出しているガスが風で流されないようにウィンドスクリーンが守ってくれているのか⁉
カミさん
ウィンドスクリーンなんだから当たり前でしょ!!
ごもっともd( ̄  ̄)

ただ、無風の家の中でウィンドスクリーン付けないで使用すると、やっぱり微調整出来なくなってしまうので風の問題ではないような気も…

或は無風だと思っていても超微風が吹いていてガスが流されているのか…

だとしたら人間が感じないような風で弱火に出来ないストーブもどうかと思いますけどね⁉

こうやって見ると下からの風を防ぐだけで随分と違うもんなんだなぁっと思ってみたり。(元々の考え方はそういう事!?

屋外での風に対しては付けてないより付けてた方が若干マシかなレベルです。

弱い風だったら意味有りますが、強風には役立たずで、それは見たまんまです。

なので、こういうのも併用しています。

ウィンドスクリーン

コレで大体の風は大丈夫です。

よほどの強風が吹いたらこの風防も意味ないですけどね。

ともかく、ウィンドスクリーンを付ければ火力の微調整が出来るようになったので買って大正解なのでした。


スポンサーリンク



スポンサーリンク






新着エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です