【テンマクデザイン】サーカスTC初張り及び使い心地レビュー

こんにちは。トート(@tow_to_tow)です。

ソロキャンプへ行くため検討を重ね悩みに悩んだ末購入したテンマクデザインの『サーカスTC』

関連記事

こんにちは。平日休みを2日連続でもらえる事になり、ソロキャンデビューに向けて着々と準備を進めているトート(@tow_to_tow)です。 キャンプ地の選択を終え道具の見直しに入りました。 今回はテントの選択です ソロキャンプ用[…]

ソロキャンプデビュー時のぶっつけ本番での初張りとなりましたが、特に迷うことなく簡単に設営できた上に居住空間としても最高だったので紹介したいと思います。

購入を検討している方の参考になれば幸いです。

テンマクデザイン サーカスTC

アウトドア用品販売でおなじみの、WILD1から発売されているテンマクデザインのワンポールテント。約3万円で、ポリコットンのテントが手に入るという事でとても人気。キャンプ場では、かなりの確率で見かけます。

特徴

  • 素材がポリコットン(ポリエステルとコットンの混紡)
  • 遮光性と通気性がいい
  • 結露しにくい
  • 夏は涼しく冬は暖かい
  • 出入り口が2箇所ある
  • 設営が簡単
  • 値段が手頃

素材

本体

コットン混紡生地 (ポリエステル65% コットン35%)

綿とポリエステルの混紡素材のこと。遮光性が高く、火の粉にも強いなど綿とポリエステルの良いトコ取りした素材。ちなみにTCとはテトロン、コットンの頭文字をとったもの。

裾部(スカート)

ポリエステル

ポール

スチール製5本継ぎ(直径30㎜/長さ280㎝)

サイズ

420×420×(h)280㎝

出典:テンマクデザイン

総重量

10,880g(本体・張り綱6,450g、ポール2,360g)

サーカスTC 開封

配送されてきた段ボールの中に、もう1個箱が入ってます。

箱を開けると収納袋。こちらもポリコットンっぽい手触りでした。

取り出すと、紐で結ばれた本体が出てきます。

解くと

付属品と取説が本体に包まれてました。

自在とガイロープ

設営用ガイドセット(五角形の布とペグ打ちする場所の長さを図るベルト)

こちらも丁寧に結ばれています。

ペグがたくさん(16本)

赤いマークがついているペグは設営ガイド用。他のペグとは若干形状が違います。

ものすごく太い支柱(ポール)が1本

最新情報をチェック!