サーカスTC

サーカスTC初張り及び使い心地レビュー

こんにちは。tow_to_towです。
ソロキャンプに行くために買った、テンマクデザインの『サーカスTC』が設営も簡単で居住空間としても最高だったので紹介したいと思います。

テンマクデザイン サーカスTC

サーカスTCとは?

アウトドア用品販売でおなじみの、WILD1から発売されているテンマクデザインのワンポールテントの事。約3万円で、ポリコットンのテントが手に入るという事で大変人気があります。

特徴

  • 素材がポリコットン(ポリエステルとコットンの混紡)
  • 遮光性と通気性がいい
  • 結露しにくい
  • 夏は涼しく冬は暖かい
  • 出入り口が2箇所ある
  • 設営が簡単
  • 値段が手頃

素材

本体

コットン混紡生地 ポリエステル65% コットン35%

綿とポリエステルの混紡素材のこと。遮光性が高く、火の粉にも強いなど綿とポリエステルの良いトコ取りした素材。ちなみにTCとはテトロン、コットンの頭文字をとったもの。

裾部(スカート)

ポリエステル

ポール

スチール製5本継ぎ(直径30㎜/長さ280㎝)

サイズ

420×420×(h)280㎝

サーカスTC サイズ
出典:テンマクデザイン

総重量

10,880g(本体・張り綱6,450g、ポール2,360g)

開封

配送されてきた段ボールの中に、もう1個箱が入ってます↓

サーカスTC 内箱

箱を開けると収納袋↓こちらもポリコットンっぽい手触りでした。

サーカスTC 収納袋

中を取り出すと、紐で結ばれた本体が出てきます。

サーカスTC 開封

解くと

サーカスTC 開封

付属品と取説が包まれてました。

サーカスTC 開封後本体

自在とガイロープ

サーカスTC ガイロープ

設営用ガイドセット(五角形の布とペグ打ちする場所の長さを図るベルト)

サーカスTC 設営用ガイドセット

こちらも丁寧に結ばれてます

サーカスTC 設営用ガイドセット

ペグがたくさん(16本)
赤いマークがついているペグは設営ガイド用らしいのですが、他のペグとの違いはよくわかりません…

サーカスTC 付属品のペグ

ものすごく太い支柱(ポール)が1本

サーカスTC ポール

サーカスTC 初張り

まずは場所決め。サイズを見るとガイロープの分を合わせて最低でも5m四方くらいのスペースが必要と思われます。

サーカスTC 設営 場所決め

ペグダウンする場所を測りつつ

サーカスTC 設営 ガイドセット

設営用ガイドセットの五角形の布をペグダウン↑

開口部の場所を確認して方角を決めます。

サーカスTC 設営 ガイドセット

五角形の布の角に合うように、黒いベルトを伸ばしてペグダウン↓
とてもアナログ的なやり方ですが、これ以上ない非常にわかりやすいシステムだと思いました。

サーカスTC 設営 ペグ打ち

これを五角形全部やって

サーカスTC 設営

幕を広げ

サーカスTC 設営 本体

ベンチレーターを探します↓

サーカスTC ベンチレーター

ベンチレーターのセットはポールを立てた後だと、おそらく大抵の人は手が届かないと思われます。これを先にやっておきましょう。

サーカスTC 設営 ベンチレーターセット

先ほど打ち込んだペグ5箇所に幕を引っ掛けて

サーカスTC 設営

ポールをてっぺんに刺して

サーカスTC 設営

立てます↓ 重くて大変そうなイメージがあったんですが、ヒョイって感じで簡単に立ち上がりました。

サーカスTC 設営

シワシワですが形になってきました。

シワシワ サーカスTC

ピンと張るために、最初に打ったペグ5箇所の位置を少し外側にずらしてみました。

サーカスTC 設営 

テンションかけて

サーカスTC 設営 テンション

ガイロープで引っ張って

 

サーカスTC 設営 ガイロープ

スカート部分2箇所もペグダウン

サーカスTC 設営 ペグ

サーカスTC 設営完了

まだシワシワですが、今回はこれで完成とします。
なんとなくコツは分かったので次回はもっとピンと張れるでしょう。

スポンサーリンク