サーモス保冷缶ホルダー

缶ビールを嗜む際の必需品 THERMOS保冷缶ホルダーを買ってみた

こんにちは。夏休みキャンプに備え小物を買い漁っていたtow_to_tow(@tow_to_tow)です。

夏のキャンプといえば
気温が高い→ビールがぬるくなる→ビールがまずくなる→急いで飲む→悪酔いする…

今回、この悪循環を断ち切るため保冷缶ホルダーを購入してみました。

THERMOS 保冷缶ホルダー 350ml缶用

子供たちはペットボトルのジュースを飲むことが多いので、今回はカミさんと私ので2個だけ購入です。

開封

普通にビニールに包まれています。

中を覗いても冷たさが持続する仕組みは、よくわかりません。

冷たさが持続する仕組み

出典:amazon

『真空断熱構造』という一言に尽きちゃうみたいです。これは、スノーピークのチタンダブルマグと一緒のヤツですね。

出典:amazon

ざっくりしたグラフですが参考までに。

実際、キャンプ場や家で試した時も、だいたいこんな感じでした。1時間後の飲み心地は間違いなく保冷缶ホルダー使ってる方が冷たいです。
さすがにキンキンとまでは言いませんが、少なくともぬるくてまずいって事はありませんでした。

大は小を兼ねません

THEMOS保冷缶ホルダーは500ml缶用もあります。『オレは500缶しか飲まないぜ!』
って人、もしくは『350缶も500缶も飲むから両方買っちゃおう!!』
って人以外は、350ml缶用買っとけば間違いないです。なぜなら、缶の太さは変わらないので350ml缶用に500ml缶も入ります。

もちろん、500ml缶用より保冷力は劣るとは思いますが、この状態↑でも飲み心地はバッチリでした。1時間くらいかけてゆっくり飲んでも最後まで冷え冷えです。

このTHERMOS保冷缶ホルダーは、小は大を兼ねるんです。

スポンサーリンク

THEMOS保冷缶ホルダー使用感まとめ

出典:amazon

メリット

  • 1時間くらいなら冷蔵庫から出してすぐのビールとそんなに変わらないくらいの保冷力
  • ぬるくなったらまずくなるからと急いで飲む必要がなくなった
  • よって、悪酔いしなくなった
  • 結露しないからテーブルがビチョビチョにならない
  • 値段が手頃

デメリット

  • 特に見当たらない

以上、良い事だらけの小物の紹介でした。