MacBook Pro2018購入レビュー 新しくて薄くて軽くてクアッドコアは正義でした

MacBook Pro 13 2018を購入しました。

開封〜2013モデルとの比較など、購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

MacBook Pro13 2018モデル購入理由

Mac遍歴

これまでMacBook Pro 15inchとMacBook Air、MacBook Pro13inchと3台のApple製laptopを使ってきました。

最初に買った 15inchは、増し増しでカスタマイズして絶好調だったのですが持ち運びに苦労してAirを購入。

Airは持ち運びには最高でしたが、メモリーこそ増量したものの他はノーマルにしてしまったがためイマイチ使い勝手が悪く、間を取ってMacBook Pro13 2013を購入して早5年。

特にこれといった不具合もなく、雨の日も風の日も苦楽を共に過ごしてきました。RAWを現像したのも動画を編集したのもブログを始めたのもコイツと一緒でした。

そんな思い出がいっぱい詰まったマシンでしたが、いよいよお別れの時です。

MacBook Pro13 2013から2018へ

2013モデルから2018モデルへの変更理由は

ただの思いつきです…

まだまだ全然使えるし全く不満もないんですが、ふと思いついてしまった衝動は誰にも止められません。

2013モデルは、まだ使えるうちに『長男に譲る』というのを口実にして、2018モデルを購入しちゃいました。

開封

いつも通りの外箱です。

コンニャロ〜って感じの傷が付いていましたが見逃してやります。

パッケージにダメージがあったら黙ってないと思いますが外箱ですしね。

 
中身は無事であってくれ!

と、少しの不安を抱き、恐る恐る開けてみましたが案の定無傷でした。

今回は最初からSSD256GBのメモリー増設無し、どノーマルモデルです。

最後まで悩んだんですが、2013モデルもメモリー8GBで特に困るようなことはなかったので今回も大丈夫だろうとの判断です。

パッケージ開封

Apple製品購入時の儀式となっている画鋲を使っての開封作業です。

ちょっとした隙間に画鋲を刺して

そこからペリペリ破きます。そんなのどうでもいいですね…

どこかで誰かが書いてましたが、箱が開けづらいほど中の製品は良質なんだとか。

確かにApple製品は開けづらい、というかフタが開くまで時間がかかる。このちょっとした時間がワクワク感を高めてくれてるような気もします。

私のApple以外の所持品でフタが開けづらく良質だったモノあったかなぁっと思い返してみたら1つだけありました。

関連記事

こんにちは。私の三大趣味のうちの1つ、ポータブルオーディオの世界から3年あまり遠ざかっていたトート(@tow_to_tow)です。 ちなみに残りの2つの趣味はキャンプとアクアリウムです。それ以外にもサッカーとカメラなんかも好きなんです[…]

付属品

フタを開けるとすぐ本体なのは相変わらず。

私も相変わらず、本体はとりあえずどかして付属品のチェックをします。

いつも通りかと思いきや、開けた瞬間気づきました。

ACウォールプラグが入ってない。

最近のヤツにはもう付属しないんですかね…

確かにあまり使ってはいませんでしたが、あればあったで重宝してたので少し残念。

USB Type-Cと

チャージャー

ケーブルまとめてるヤツとか保護してるビニールなんかは

キレイに取っておく派です。どうでもいいですね…

こう見るとシンプルの極みですな。素晴らしいです。

本体の保護シートも剥がします。

ペリペリっと丁寧に、慎重に。

なぜならコレも取っておくからです(笑

MacBook Pro新旧比較

最近はスペースグレイが人気みたいですが

私はlaptopはシルバー派です。ちなみにiPhoneはスペースグレイです。どうでもいいですね…

あまり需要があるとは思いませんが、せっかく2013モデルもあるので、この5年でどれだけ変わったのか比較してみます。

厚み

ちょうどモニター分薄くなってるように見えますね。

2013モデルが1.8㎝で2018モデルが1.49㎝。僅か約3㎜ですが実際手に取ると数字以上の差を感じます。

薄いは正義です。

大きさ

横に並べるだけでは分かりづらいですが

重ねてみると一目瞭然。←そうでもない⁈

下が2013モデルでサイズは

  • 幅31.4㎝
  • 奥行き21.9㎝

上の2018モデルは

  • 幅30.41㎝
  • 奥行き21.24㎝

一目瞭然と言えるほどの差ではありませんが、体感上は一回りくらい小さい気がします。

重さ

2013モデル1.57Kg

2018モデル1.37Kg

数字上、僅かな差しかないのに2013モデルに比べ2018モデルがかなり小さく感じられるのは、この200gの差がデカいと思います。

たった200gでも軽いは正義でした。

接続と拡張性

何てったって1番の違いは、側面に付いている接続端子ですよね。

今までは、充電はMagSafeでThunderboltがあってUSB Type-Aと3.5㎜ヘッドホンジャック(コレは2018も付いている)

SDXC、HDMIが付いていたわけですが、それがUSB Type-C×4になってしまったんです。

今まで通り使うのなら、こんなヤツが必要になります。たまたまiPad Pro用に購入したこんなのがあったので流用しています。

底面もなんとなく覗いてみました。

ぱっと見、大きな違いはありませんが排気口がなんとなく変わってます。

奥まってしまった分

 
排気効率はどうなんだろ!?

と、思わなくもないですが、デザイン的には2018モデルの方が断然スマートに見えて良いです。

キーボードとトラックパッド

バタフライキーボードということで以前のモノとは随分と変わってますね。

キーピッチはかなり浅く感じます。

慣れの問題だと思いますが、2013モデルの方が打ちやすいと思わなくもない。←個人的見解

あまり変わりようのないトラックパッドも、随分と大きくなっていて驚きました。

ここまで大きくする必要性がよくわかりません。

小さい方がチマチマ作業できて使いやすいと思うのは私だけかしら…

Touch Bar

キーボード最上段のTouch Barも大きな変更点ですね。変更というか新たな機能というべきか

「必要性を感じない」などなど否定的な意見が多いTouch Barですが、新しいモノ好きな己の性格を差し引いても私はコレ好きです。

もちろん、使い始めて間もないのであくまで初見の感想としてですが

Touch IDは、一瞬でログインできてものすごく便利。

また、Touch Barのおかげで手の移動距離が短くて済むような気がしてます。例えばenterまで指を伸ばさなくてもTouch Barに変わりのボタンが出てたりとかとか。

この辺は、もうちょっと使い込んだら大勢に流されるかもしれませんけどね。

スピーカー

2013モデルの『ステレオスピーカー』という何の変哲もない名称から、『ハイダイナミックレンジステレオスピーカー』に変わりました。

普段あまりPCのスピーカーから直で鳴らして音楽を聴いたりしないので、じっくり聴いたのは初めてと言ってもいいくらいですが、意外と鳴るもんなんですね。

2013モデルも悪くはありませんが、2018モデルの方が余裕がある感じで普通に聴けます。

まとめ

まだ大して使ってないので見た目の話しばかりとなりましたが

その上での感想としては

 
同じ名前の製品でも5年も経つと別物だな…

とはいえ、2013モデルも2018モデルも、ぱっと見は大差ありません。

この辺はAppleの先見の妙というかデザイン性の素晴らしさですね。おかげで5年もの間、ドヤ顔で使い続けることができるんですから。

では、なんで別物かと言えば2つ理由があります。

まず1つ目はコンパクトになったことで持ち運びが楽になった事。上でも書きましたが、数字上僅かでも体感上はとても恩恵を感じます。カバンの中に入れている、1番大きくて重いモノが薄く軽くなったのは体感上デカいです。

2つ目はプロセッサです。2013モデルは2.4GHzデュアルコアIntel Core i5、2018モデルは2.3GHzクアッドコアIntel Core i5

SSDの性能向上やグラフィックス系の進化などなど、いろいろ違いはあると思いますがデュアルコアからクアッドコアへのアップグレードは

 
やっぱ別物だなぁ

と、思わせてくれます。

メモリ8GBでもクルクルマーク見なくなりましたから。

やっぱり新しくて薄くて軽くてクアッドコアは正義でした!

最新情報をチェック!