トルテュpro エルフィールドヘキサpro

冬のキャンプで寒い思いをしないように装備を考えてみた

こんにちは。キャンプに行けないので、家でキャンプ道具を愛でているtow_to_tow(@tow_to_tow)です。キャンプ行けなくても、道具を見ているだけで十分楽しいです。(寂

さて、今回は年越し、または冬キャンプの話しです。

我が家では前回2017-2018年の年越しキャンプの少し苦い経験を経て、少しだけ知恵をつけ2018-2019年の年越しキャンプをとても快適に過ごしてきました。

快適に過ごせた最大の理由は『寒い思いをしなかった』コレに尽きると思います。

2つの年越しキャンプを比べ

時期も場所も天候も気温もほぼ一緒なのに、この差はなんなんだろう?!

と考えたとき、いろいろ思い当たることがあったので記しておきたいと思います。

今年こそは年越しキャンプへ、又は冬キャンプへ、と思ってる方の参考になれば幸いです。

基本の装備

まずは、キャンプにおける我が家の基本的な装備を紹介します。

  • テント= スノーピーク トルテュpro
  • タープ= スノーピーク エルフィールドヘキサpro、スクエアエヴォpro
  • テーブル= 脚の長さが変えられるベンチが収納できる折りたたみテーブル
  • 寝袋= スノーピーク バクー(下限6度)
  • ランタン= スノーピーク ギガパワーBFランタン、ギガパワー2wayランタン、コールマン ケロシンランタン

ざっとこんな感じでしょうか。

コレ以外にも椅子など大きなものがいろいろありますが、今回のテーマと関係なさそうなものは省きました

2017-2018年年越しキャンプの装備

冬キャンプになると上記の標準装備にかなりプラスαしなくてはいけません。

昨年までの我が家の冬装備はこんな感じ↓

  • ストーブ= スノーピークレインボーストーブ、イワタニ 風暖
  • テーブルをコタツにするためのスノーピークのデカイ寝袋
  • 湯たんぽ
  • 底冷えを防ぐためのペラペラの銀マットと段ボール
  • 空気を循環させるためのサーキュレーター
  • 電源サイトの場合はホットカーペット

レインボーストーブ

自称ピーカーな私としては、キャンプ時の暖房はコレしか考えられませんでした。

タクードが先に発売されていたら間違いなくそっち買ってます。我が家のキャンプに於いて小さいは正義なんです

対流式はテント内が暖まらないというのは購入前にリサーチ済みでしたが

とはいえ

石油ストーブなんだから

という甘い考えと、何より姿形に一目惚れして購入してしまいました。

後に

ホント暖っかくねーな

と思いつつも見た目は良いし、そんなに安いものでもないので取り敢えず目の保養として今現在も使っています。

スノーピーク レインボーストーブ

イワタニ 風暖

2017-2018年の年越しキャンプ行く時に、レインボーストーブの補助として購入したものです。

イワタニ 風暖

関連記事

こんにちは。tow_to_towです。春一番も吹き、だんだんと暖かくなってきましたが、ゴールデンウィーク頃までキャンプ場では朝晩はまだまだ冷え込みますよね。そんな春先のちょっとした冷え対策に役に立ちそうな暖房器具を紹介したいと思いま[…]

iwatani 風暖

非常に優秀なカセットガスファンヒーターで、コイツのおかげで今でもレインボーストーブを使い続けていられます。コイツを点けるとテント内の温度が5度上がります。安全装置も完璧なんです。

が、しかし

  • 燃費が悪い
  • 図体がデカイ
  • 値段が高い

という欠点も併せ持っています。トータルで考えれば良いものなのは間違いないので、今後も使っていくとは思うんですけどね。

コタツ布団としてのセパレートシェラフ オフトン

1番最初にキャンプ行く時に買った寝袋が、スノーピークのセパレートシェラフおふとんワイドLXです。

まだ子供達も小さかったので、コレを2つ購入して1つの寝袋に2人づつ寝るという算段でした。

関連記事

キャンプ遍歴というほどではありませんが、2016年7月キャンプデビューから12月の年末キャンプまでを備忘録を兼ねてまとめてみようと思います。まだ4回しか行ってないんですけどね。今回は初キャンプ編です。初キャンプキャン[…]

あれから3年、子供達も成長し親と一緒の布団で寝る事もなくなり、とてつもなくデカく積載も嵩張るこの寝袋は無用の長物となるところでしたが、お座敷スタイルでのコタツ布団として見事な復活を遂げてくれました。

スノーピークセパレートシェラフオフトンワイドLX

積載の問題もコレ↓で少しだけ解決です

関連記事

我が家が最初に買った寝袋は、スノーピークのセパレートシェラフ オフトンワイドLXです。名前の通り本当に布団みたいで、寝袋としてはもちろん、お座敷スタイル時のコタツ布団としても重宝しています。そんなシェラフオフトンですが我が家ではネッ[…]

湯たんぽ

湯たんぽは欠かせません。コレがなかったら2017-2018年の年越しキャンプは成り立たなかったと言っても過言ではないでしょう。

湯たんぽとスノーピーク レインボーストーブ

このキャンプで初めて使ってから、家でも使うようになってしまった逸品です。冬はコレが無いと寝られません。ただし、コレも積載時かなり嵩張ります。小さいヤツはすぐに冷めちゃうし、大きいヤツは嵩張るし、でも無いと困るし…

底冷え対策としての銀マットと段ボール

2017-2018年の年越しキャンプ行くまで、冬キャンプは電源サイトしか経験が無かったため底冷え対策なんて考えた事もありません。

いろいろ調べて考えた結果がペラペラの銀マットと段ボールでした。

関連記事

11月に行ったウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場が、今年最後のキャンプになると思っていたのですが家族会議の結果、年越しキャンプへ行ける事になりました![sitecard subtitle=関連記事 url=https://small-riv[…]

湯たんぽマルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L

積載の問題が大きく影響しての判断ですが、いろんな意味で失敗しました。ただし、それ以降のキャンプに収穫をもたらす、とても有意義な失敗だったという事を付け加えておきます。

サーキュレーター

サーキュレーターは、1番最初にキャンプ行く時に買ったものをずーっと使ってます↓

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 扇風機付照明 ファン付LEDライトデザイアー

季節が夏だったので、扇風機付きのライトという一石二鳥的な安直な考えで購入しました。冬キャンプでは、テント上部にたまる暖かい空気を拡散させる役割が期待できます。(少し非力ではありますけどね

これを購入した時は、冬にキャンプ行くなんて考えもしていなかったハズですが結果的に大正解でした。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 扇風機付照明 ファン付LEDライトデザイアー

スポンサーリンク

そしてコチラ↓のサーキュレーター。2017-2018年の年越しキャンプ用に購入したものです。

サーキュレーター

コレも銀マット同様、積載を考えてなるべく小さなモノを選びました。小さくても効果はあったと思いますが、1日持たずして壊れてしまい、どの程度だったかは謎のままです。

それによってサーキュレーターは天井から吊るす1台のみになってしまい、寒かった要因の一つになった気がします。

ランタン

燃料をなるべく統一するために、石油ストーブを使用する冬キャンプではコールマンのケロシンランタンを持って行くようにしています。

2017-2018年の年越しキャンプではプレヒート用のアルコールを忘れてしまい使えませんでした。予備でスノーピークの2wayランタンを持って行っていたので照明として困る事はなかったのですが…

スノーピーク ギガパワー2wayランタン

今思えば、小型のガスランタンを使わざるを得なかった事も寒かった要因の一つになっていたかもしれません。(理由は後述

2017-2018年の年越しキャンプが少し苦かった理由考察

底冷え対策の失敗

段ボールを過信してしまいました。

何枚か重ねれば効果はあったかもしれませんが、下の写真の様に一面に敷き詰めるだけでこの枚数必要なんです。

床作り 段ボール

そもそも積載を考えての段ボールだったので、そんなに沢山持って行けるわけもなく仮に積載が許すのであれば厚手の銀マットを持って行ってました。この上にいろいろ引いたんですが、まぁとにかく冷たかったんです。

撤収時には、かなり水気を含んでいたので

やっぱ段ボールはなかったなぁ…

っと、つくづく思った次第です。

夜露で濡れてしまった段ボールを引いたままにしておけば底冷えして当たり前ですよね!?

念のため断っておきますが、2017-2018年の年越しキャンプを単体で見ると決して辛かったわけではなく『やっぱりちょっと寒いねー』くらいな感じだったんです。メチャクチャ楽しかったし。
快適過ぎた2018-2019年の年越しキャンプを経験した今では苦い思い出となってしまいましたが…

隙間風対策の失敗

スカート付きのテントだからと過信してました。

テント内を広く使おうとインナーテントを設置しなかったのも裏目に。それも風の強いふもとっぱらで…。インナーテントの中にいれば、ここまでスースーする事もなかったと思われます。

ふもとっぱら 年末 気温

見た目なんぞは全く気にせず、ガムテープで止めたりしてたのですが隙間風は容赦ありませんでした。

ケロシンランタンの失敗

これは翌年行ってわかった事で詳しくは後述しますが、ケロシンランタンは相当暖かいです。暖房器具と言っても過言ではありません。

プレヒート用のアルコールを忘れずケロシンランタンを使えていれば、もっと暖かったはずだと思います。

上記を考慮して2018-2019年の年越しキャンプ用に揃えたモノ、使ったモノ

底冷え対策

座っていて尻が冷たいのはまだ我慢できますが(それも結構辛いが)就寝時に背中が冷たいとホントに寝られません。睡眠時間の確保を最優先にして『コレでもか!』というくらいに準備してやりました。

銀マット

まずは厚さ15㎜の銀マットを購入しました。

極厚銀マット

両面にアルミが張ってあるので水気にも強いはず。(多分

極厚銀マット

厚みがあるという事は、積載に悩む我が家にとっては頭の痛いところです。それでも寒い思いするよりマシということで

他のもの削ってでも持って行こう!

との決意の元、購入しました。

オールウェザーブランケット

1枚は持っていたのですが、インナーテント内に敷き詰めるには足らなかったので、もう1枚買い足しました。

オールウェザーブランケット

ハッキリ言って効果のほどはわかりません。

ただ、評判は良いし小さく折り畳めるので積載に優しい、という理由だけで使ってます。

ポータブル電源と電気毛布

毎年家族で年越しキャンプへ行くために、もう失敗は許されない状況でしたので高かったケド思い切っての導入です。

ポータブル電源

ポータブル電源×2個と

ポータブル電源

電気毛布×2枚

電気毛布

電気毛布

ただし、コレはちょっとやり過ぎでした。

初日の夜に電気毛布点けて寝たのですが、子供達は汗かいて寝てたので、それ以降活躍の場はなくなることに…

隙間風対策

インナーテント

前回の最大の失敗はインナーテントを使わなかったことにあるのは明白です。コレを使わない選択肢はないです。

トルテュpro インナーテント

インナーテント内にいれば隙間風はほぼ感じません。4人で寝室兼お座敷スタイルリビングとして、ほとんどインナーテント内で過ごしてましたが窮屈さは全く感じませんでした。

前回もこうしておけば快適だったなぁ、きっと…

タープの活用

次に、根本的に隙間風が入らないようにならないか考えてみました。

経験上、スカートにどんなにきっちりペグ打ちしても隙間風が入ってくるのはわかってました。石乗っけても全く効果なし↓

ふもとっぱら トルテュpro

なので直接テントに風が当たらないよう、こんな感じに↓

手持ちの武器のエルフィールドヘキサproをテントに被せる作戦です。インナーテント側に被せたので、またまた効果のほどはよくわかりません。(すみません。

ですが、前室部分のスカートが風で盛大にはためいている時でもインナーテント側のスカートはおとなしかったのを見た時に

おっ、風除けになってんじゃん、成功成功!

と、皆に聞こえるように独り言を言っていたのを覚えています。

朝はこんな感じです↓

トルテュpro エルフィールドヘキサpro

ちなみにこの作戦は、当初結露を抑えるために考えたものでした。結果的に風除けにもなったので都合良く紹介しています

ケロシンランタン

熱を持つのは当然知ってましたが、ここまでとは思いませんでした。相当な熱量があります。

最初はテントの隅っこで照明として頑張ってもらってたんですが

コールマン ケロシンランタン639C700

ケロシンランタンの周りが暖かくなっている事に気付きテントの真ん中に移動。

コールマン ケロシンランタン639C700

それによってテント内全体がホンワカ暖まりました。

サーキュレーター

2017-2018年の年越しキャンプで1日持たなかったサーキュレーターは、本体が小さかったこともさることながら値段も手頃なものでした。なので1日で壊れても大してショックではなかったのですが、新しく買ったヤツがまたすぐ壊れたら今度は凹むだろうと思い大きさも値段も頑張ってみました。(とはいえ大した差はない

USB扇風機

USB扇風機

本体の大きさもさることながら、バッテリーの容量も大きく作りもしっかりしている感じ。今度は大丈夫そうです。

コールマン ケロシンランタン639C700 USB扇風機

風量も強く(2段階調節可能)上手いこと空気をかき回しているようでした。

エコストーブファン

電池だったりバッテリーで動くモノは、壊れたらその場で直せるスキルを持ち合わせていないので、そういったものに頼らないヤツを探したら、ありましたよ!

ていうか、存在は知っていたのですぐ思いついたんですけどね!! っていうか、これこそ壊れたら直せないだろ!

エコストーブファン

ストーブの熱で発電してファンを動かすというこの製品。

未だに原理はよくわかりませんが、レインボーストーブだと点火してから約2分で回り始め、3分過ぎくらいでフルパワーになります。風量は大したことありませんが、対流式故に真上に行ってしまう熱を横に流してくれるのは間違いありません。

スノーピーク レインボーストーブ エコストーブファン

また、ケロシンランタンの上でも回ってくれたのは想定外の嬉しい発見でした。

コールマン ケロシンランタン639C700 エコストーブファン

スポンサーリンク

結果、どうなったかというと

外気温が−4度の時にテント内は10度です。

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場 年末 気温

2017-2018年のときは、同じマイナス4度でテント内は平均5度くらいだったので、それと比べて5度上がってるということになりますね!

一つ一つ検証した訳ではないので、どれが効いていたのかわかりませんがこの5度はデカイです。これに風暖点けたら、さらに5度上がって15度となりテント内は小春日和な過ごしやすい環境となります。

これだけ暖かければ尻が冷たくても過ごせそうですが、しっかり床作りしたおかげで尻も冷たくなく電気毛布も空振りに終わり、やり過ぎた感タップリな快適年越しキャンプを過ごしてきました。

なんら検証できていない個人的主観でまとめるとすれば

  1. しっかり床作り出来たのはデカかった。極厚銀マットはかなり有効
  2. テントの外側にエルフィールドヘキサproを被せて風除け、露除け出来たのがデカかった
  3. ケロシンランタンの発熱量がデカかった
  4. サーキュレーターの質を上げたのがデカかった。テント内の空気を循環させるのは大事。結露防止にもなる。
  5. エコストーブファンが何気に効いていた気がする

こんな感じでしょうか。

この3年間、ここまでくるのにかなりの出費を伴いました。痛いっちゃぁ痛いですが、実際経験しなければわからないことも多々あり、今後、より快適にキャンプを続けていくための授業料だと思えば安い(!?)もんだったかなぁっと…。

長々と、とりとめのない文章となりましたが内容をつまんでいただき、何かのお役に立てれば幸いです。

年越しキャンプの様子はコチラ↓

関連記事

家族の予定を無理矢理合わせてキャンプに行くのではなく、家族全員が揃って休みの時にキャンプに行くと決めカミさんそれだったら盆と暮れだねーって事で12月中旬に急遽決めたふもとっぱらへの年越しキャンプ。お目当て[…]

戌年 富士山 初日の出
関連記事

2018年の締めのキャンプと2019年初キャンプへ行ってきました。平たく言えば年越しキャンプなんですが、29日〜2日までの4泊5日と我が家にしては長丁場だったので、なんとなく締めと初キャンプと2回行った気になってます。今年の[…]