INPON L型クイックリリースブラケット

悩んだ末にα7ⅱの小指置き場所問題をようやく解決しました

こんにちは。tow_to_towです。
Sony α7ⅱ ILCE-7M2Kを購入して2ヶ月が経ちました。

関連記事

こんにちは。tow_to_tow(@tow_to_tow)です。Sony Cyber-shot RX100M5Aを購入したのは半年前の事。とにかく小さくて軽くて写りが良いカメラというのが購入理由でした。[sitecard s[…]

α7ⅱ
フルサイズセンサーのくせにボディサイズはとても小さく可搬性に優れているため最近はどこへ行くにも常に持ち歩いています。

そんなお気に入りのα7ⅱですが、購入してからの懸案だったグリップした時の小指置き場所問題をようやく解決したので紹介したいと思います。

Sony α7ⅱ 小指置き場所問題とは?

大まかに見ればほぼ欠点のないα7ⅱなんですが、細かいところでチラホラと気になることがあります。

そのうちの1つが、グリップしたときの小指の置き場所がカメラの底を支えるようになってしまうことなんです。

α7ⅱ ILCE-7M2K 小指の置き場所問題

こういうもんだと割り切れば全然問題なく使用できるのですが、なんとなくしっくりこず、ちょっと小指を気にしながら撮影する日々を過ごしてました。

INPON L型クイックリリースブラケット(アルカスイス互換 1/4″ネジ付 Sonyα7II/α7rII 専用)購入

しっくりこないまま2ヶ月使い続けましたが、ようやく重い腰を上げ対策を講じることに。

INPON L型クイックリリースブラケットの購入です。

こういうのがあるのは知っていたのですが

せっかく小さくて軽くて可搬性がいいのに

と思い、ずーっと購入するか悩んでました。たかが1cmされど1cm。

ですが値段もそんなに高いものではなく「大きさや重さが気になるようだったら外せばいいか」って感じで、ダメ元で買ってみました。

到着〜開封

プチプチに包まれビニールに入っての到着です。
他のものと合わせ買いのためダンボールに詰められてきたので特にダメージはありませんでした。

単品で買った場合、何に入れられてくるのでしょうか!?この大きさだと封筒になっちゃうのかな?
航空機用アルミニウム合金使用ということで強度は高いんでしょうけど封筒とかだとちょっと心配ですよね。

INPON L型クイックリリースブラケット 梱包

中身は本体と六角レンチ1本。

INPON L型クイックリリースブラケット

これが正面ですね↓

INPON L型クイックリリースブラケット 正面から

横から↓

INPON L型クイックリリースブラケット

底部分↓

INPON L型クイックリリースブラケット 底部分

斜め下から↓

INPON L型クイックリリースブラケット 斜め下から

アルカスイス互換の雲台は持ってないので縦は外します。

INPON L型クイックリリースブラケット

α7ⅱに装着

カメラの底に装着します。

α7ⅱ ILCE-7M2K

装着後↓

α7ⅱ ILCE-7M2K ブラケット装着後

良い意味で、たかが1cmされど1cmでした。
大きさも重さも全く気にならず

あと5mmくらい厚みがあっていいかも

と思えるほどです。

α7ⅱ ILCE-7M2K ブラケット装着後の小指

ご覧の通り、たかが1cmですが小指の置き場所が定まりグリップが格段に向上しました。されど1cmですね。
撮影のし易さが増したのは言うまでもありません。悩んでた2ヶ月がバカみたい…(汗

装着後のバッテリー交換

各端子へのアクセスやバッテリー交換がしづらくなるかなぁっという懸念もありましたが、全く問題ありません。

α7ⅱ ILCE-7M2K ブラケット装着後のバッテリー交換

フタの開閉まではとてもスムーズです。

α7ⅱ ILCE-7M2K ブラケット装着後のバッテリー交換

バッテリーを取り出す時は、厚みがある分引っ張り出すことはできませんが、ひっくり返して取り出し可能です。

α7ⅱ ILCE-7M2K ブラケット装着後のバッテリー交換

INPON L型クイックリリースブラケットを装着してみての感想

装着した見た目も大して違和感なく、さすが専用に作られているだけのことはあります。

α7ⅱ ILCE-7M2K ブラケット装着

今回は小指の置き場所のためだけでしたが、ガタつきなども一切なく本来の使い方をするにも大きな問題はなさそうです。

アルカスイスいっちゃうか!?

と、思わせてくれるなかなか良い製品でした。