焚火台

ファイアグリル→焚火台L→焚火台Sと変遷していった我が家の焚き火事情

ソロキャンプ用にスノーピークの焚火台Sを購入してウキウキなtow_to_tow(@tow_to_tow)です。こんにちは。

ソロ用の焚火台は迷いましたね〜。おしゃれで使い勝手の良さげな新商品が次々と出るなか、結局スノーピークにしちゃいましたが自称ピーカーな私には一片の悔いもありません。

というわけで我が家の焚火台はコレで3台となってしまったわけですが、さすがに年間10泊もしない我が家には明らかにオーバースペック気味。

カミさんの突き刺さるような視線を感じつつ、今回は『我が家のキャンプ道具事情シリーズ第3弾』として焚火台編をまとめてみました。

これからキャンプにハマりそうな方の参考になれば幸いです。

ユニフレーム ファイアグリル

初キャンプ行くにあたり我が家が最初に買った焚火台はユニフレームのファイアグリルでした。
スノーピークと散々迷った上で、決め手となったのは重量と値段。

今となればキャンプに於いて『小さい』『軽い』は正義ですし、値段も安いとくればこの判断で間違いではなかったと思えます。

初キャンプのときは、BBQと焚き火に大活躍してくれまして、コレなしでは初キャンプ成功はあり得ませんでした。

関連記事

こんにちは。tow_to_towです。2016年7月に家族で初キャンプに行ってきました。せっかく川遊びできるキャンプ場を選んだのですが、天気があまり良くなく思う存分楽しむことは出来ませんでした。が、それ以外がとても素晴らしか[…]

ユニフレーム ファイアグリル

ただ、2回目に行ったキャンプ仲間のK家とのグルキャンのときに、K家が所有している焚火台Lと我が家のファイアグリルをこんな感じ↓で並べて使ってみたら

焚火台L ファイアグリル

コレ欲しい…

焚火台Lの機能美にやられてしまいました。場所もhead quarterだったし…

関連記事

キャンプ遍歴というほどではありませんが、2016年7月キャンプデビューから12月の年末キャンプまでを備忘録を兼ねてまとめてみようと思います。今回は初秋のキャンプ編です。2回目のキャンプ初キャンプか[…]

その後自称ピーカーを名乗るようになり周りが見えなくなってしまった私は悶々としながらファイアグリルを使い続けることに。

カミさん
買い直すお金あるんだったらキャンプ行こう!

という思考のもと、2回ほどファイアグリル持ってキャンプに行きました。

関連記事

キャンプ遍歴というほどではありませんが、2016年7月キャンプデビューから12月の年末キャンプまでを備忘録を兼ねてまとめてみようと思います。今回は秋キャンプです。3回目のキャンプはまたもやウッドルーフ奥秩父オート[…]

関連記事

こんにちは。tow_to_towです。(@tow_to_tow)秋キャンプ(というか初冬キャンプ)に行って自信をつけ、成長し味をしめた我が家は、ケニーズファミリービレッジへ行って来ました。今回は年末キャンプです。[sitec[…]

スノーピークのトライポッドと組み合わせてダッチオーブンで料理したり

ユニフレーム ファイアグリル トライポッド

ダッチオーブンは無理だけど、これくらいの鍋↓だったら余裕で乗っけられたり

別売りのヘビーロストルならダッチオーブンもイケるようです。ファイアグリル自体の耐荷重は20Kg

ユニフレーム ファイアグリル

ロストルの穴に見事に引っかかって、うまいこと魚が焼けたり↓

ユニフレーム ファイアグリル

焚き火するときも、そこそこ大きさがあり買った薪をそのままくべられるので大活躍してくれました。

ユニフレーム ファイアグリルで焚き火

ただ、頭の片隅にはいつも焚火台Lの機能美が…

結局スノーピーク焚火台L購入

そんな悶々とした日々を過ごすこと数ヶ月、思いがけず臨時収入がありまして、いつもならカミさんに大人しく渡すところなんですが、なんのためらいもなく自然とポチっとしてまして、翌日にはスノーピーク焚火台Lが届いてました。

機能美に対する所有欲を満たすためだけの完全なる暴挙です。←今思えば

ただコレを買ったときは嬉しくてしょうがなく、有給取って1人で焚き火しに行ったのをよく覚えてます。

ふもとっぱら 焚火台L

ファイアグリルとの違い

焚火台Lのキャンプデビューは、5回目に行ったケニーズファミリービレッジでした。

K家とのグルキャンで狭いサイトに大人4人子供5人で過ごしているときに、ファイアグリルとの決定的な違いを見つけます。

ケニーズファミリービレッジ 焚火台L

それは堅牢な作りからくると思われる安全性に対する絶対なる信頼と安心です。

焚火台L ファイアグリル

ファイアグリルは脚部に炉をのせるだけの仕組みで、しかもかなり軽量なのでちょっとぶつかったりしたら倒れてしまいそうな危うさを感じていました。(実際に倒れたことはありません。あくまでイメージです

それに比べ焚火台Lのガッチリとした作りは、ちょっとやそっとじゃ倒れなさそうな安心感を与えてくれます。
値段で考えれば3倍くらいの差があるので、ある意味当たり前かもしれませんが使用感はそれ以上の差があるような気がしました。

購入してから2年以上経ち、味が出てきたのも相まってこれ以上ない愛着を感じています。

焚火台のサイズ感

そんな愛着のある焚火台Lですが、キャンプ道具のスモールコンパクト化を進めるにあたり、いつも買い替え候補の筆頭になっています。←愛着は?!

理由は4人家族にはデカ過ぎなんです。大きいことによるメリットもありますが、キャンプ慣れしてきた今はデメリットのほうが大きくなってきました。

ざっと羅列すると

  • 大きくて重いから持ち運びが大変
  • BBQをするときの炭の消費量が多い
  • 後片付けが大変

焚火台Lは場所をとるし持ち運びが大変

スノーピークの焚火台が重いのは有名な話ですが、大きさ的に積載時も結構な場所を取るんです。

焚火台L シェルフコンテナ25 積載

焚火台自体はペチャンコになりますが、ロストルとグリルブリッジ、焼き網、ベースプレートの装備を専用の帆布ケースに入れると厚みもそこそこになります。積載に悩むステーションワゴン乗りキャンパーとしては切実な問題です。

そしてそれらの総重量はなんと約15Kg!最近はコレ持つ度に肩が抜けそうになります。←ホントです。

焚火台Lは炭の消費量が多い

焚火台が大きいからついつい沢山入れたくなっちゃうんです。

火加減もグリルブリッジで調整できるんですが、低くすると隙間から炭を足したり弄ったりできなくなります。

グリルブリッジを高くする

   ↓

火力が足りなくなり炭を足す

の、悪循環に陥ります。

焚火台Lは後片付けが大変

これも大きいから磨く面が多くなるという単純な問題です。

いつも結構な体力使ってるので

半分くらいの大きさだったらなぁ…

と思うことが増えてきました。←年のせい

関連記事

こんにちは。前回行ったキャンプから半年も経ってしまい、何処のキャンプ場に行ったのかさえ思い出せないtow_to_tow(@tow_to_tow)です。そんな私に、神様がプレゼントをくれました!なんと平日休みを2日連続でもらえる事にな[…]

焚火台コンプリートケース

こんな感じで、ファミキャンのときはファイアグリルへの原点回帰となりそうです。

焚火台L ファイアグリル

ソロキャンプ行くにあたり

我が家が本格的にキャンプを始めて3年が経ちました。

小学6年だった長男も今年は高校受験を控え、家族4人で行くキャンプもいよいよ幕を閉じようとしています。←いや、もう閉じてる⁈

それでもキャンプに行きたい父は、次男とのデュオキャンプやソロキャンプを画策して実行してきました。

関連記事

こんにちは。tow_to_towです。8月の最終週の平日にふもとっぱらに、次男と2人で行ってきました。6月に行った「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」の時も父子キャンプだったのですが、あの時はキャンプ仲間のK家のみなさんが[…]

ふもとっぱら 富士山
関連記事

こんにちは。ソロキャンプデビューを終えて、言いようのない喪失感にとらわれているtow_to_tow(@tow_to_tow)です。なんにもやる気が起こりません…が、忘れないうちに楽しかった思い出を書いておこうと思います。[…]

浩庵キャンプ場ソロキャンプ

当初はファミキャン用に購入したキャンプ道具を流用していたのですが、さすがに次男とのデュオでトルテュproは大き過ぎたのでサーカスTCを購入。

コレをきっかけにバーナーやクッカーなど着々と道具は揃ってきましたが、焚火台だけは愛着のある焚火台Lを使っていました。

ふもとっぱら 焚火台L

1人で悦に入るには雰囲気あっていいのですが、片付けや持ち運びのことを考え、ついに小さな焚火台に手を出すことに。

スノーピーク焚火台S購入

冒頭にも書きましたが、ソロ用の焚火台は迷いました。

迷ったんですがファイアグリルのときのように、結局スノーピークを買い直すような気がしてならず焚火台Sの購入です。

スノーピーク 焚火台S

焚火台Lのミニチュアみたいで一目見て気に入っちゃいました。

焚火台Lと比べるとホント小さいです。なので、キャンプ場で購入する薪はそのまま入らないですね、きっと。

鉈とノコギリはキャンプやり始めた頃に買っていたのですが、焚火台Sを使うには薪割りが絶対必要になるとすると斧が欲しくなります。また楽しみが増えちゃいました。

関連記事

快適ソロキャンプを目指し着々と道具が揃ってきたtow_to_towです。こんにちは。昨年からテントやバーナー、クッカーなどチマチマと揃え、特に何の不満もなくソロキャンプを楽しめるようになってきました。そんな中、買い替えの優先[…]

焚火台S

まとめ

長くなってわけわかんなくなってきたので言いたかったことを要約すると

キャンプやり始めは「初心者にオススメ的な評判高いファイアグリルでいいや」と思っていたけど、数回キャンプを経験し『長く使うならスノーピークの焚火台』という触れこみに納得してしまいスノーピーク焚火台Lを追加購入。

さらに回数こなすと、いろいろなことに手を抜き始め、重さや片付けが面倒になりファイアグリルへと原点回帰する。

家族がキャンプについてこなくなるとファイアグリルでも大き過ぎると感じ、小さな焚火台を探し始め購入してしまう。

結果、カミさんにしばかれる…

ということです。

実際手にし使ってみて、その時々で活躍してくれた道具達なので全く後悔はありませんが、焚火台Sをマジマジ眺めていると

小さいとは言え

4人分のBBQだったらコレで賄えるんじゃね!?

と思えてくるんです。

焚火だってできるわけだし、だったら最初からコレ買っとけばよかったんじゃ…

当時の自分にコレを説明して納得させる自信はありませんが、回数重ねた今となってはそう思えてならないのです…