モーラナイフの切れ味を簡易的に復活させてみた

デイキャンプ行ったときに3年間ノーメンテのモーラナイフでフェザースティックを作ろうとして指がフェザースティックになりかけた@tow_to_towです。こんにちは。

キレキレのナイフも怖いですが、切れないナイフも危ないですよねー。

切れないから力が入る→思いもよらないところが切れる…ということでモーラナイフのメンテナンス敢行しました。

砥石で研ぐ自信はないので簡易的に済ませちゃおうという話です。

モーラナイフ コンパニオン ステンレス

モーラナイフ コンパニオン

3年前キャンプ始めるにあたり

 
アウトドアといえばナイフだろー

ってことで訳もわからず購入したモーラナイフ。ほぼ同時期にスノーピークのキッチンシザースも買っていたのでモーラナイフを料理で使うことはなく、もっぱら木を削るのみに使用していました。

1度パドリングにも挑戦してみましたが、さすがに刃厚2.5㎜では無理があるようでそれ以来やっていません。

樹皮を削り取るかフェザースティックを作るのみに限定された使い方だったのですが3年使い続けるとさすがに切れ味が鈍くなったようで手がフェザースティックになりかけたのは上述したとおり。

刃物の世界

そこで

 
しょうがない、研ぐか!

と、思い立ったものの刃物なんて研いだことないので1から調べてみたらコレは奥の深い世界であることが判明。

 
思いつきで突っ走らなくて良かった…

素人が見様見真似で手を出すと逆に切れなくなる可能性があるみたい。

ちょっと面白そうだったのですが、何事にもハマりやすい己の性格はよーく理解しているので簡易的に済ませることにしました。この沼も深そうだもんなぁ〜、

ランスキー(LANSKY) ブレードメディックPS-MED01購入

簡易的に済ませるというのは、使っていて切れ味が悪くなったと感じたらチャチャっと研いで一時的に復活させるということ。

悪く言うとその場しのぎなんでしょうが、安くて簡単にできそうなモノを発見したので購入してみました。

ランスキー(LANSKY) ブレードメディックPS-MED01パッケージ

開封

コイツ、ブリスターパックに入ってるんですが、まぁ中身の取り出しづらいこと…

ランスキー(LANSKY) ブレードメディックPS-MED01パッケージ

ハサミでチョキンチョキンにしてやりました。

ランスキー(LANSKY) ブレードメディックPS-MED01パッケージ

ランスキー(LANSKY) ブレードメディックPS-MED01本体

サイズは小さいくせに砥石以外の部分が鋳物となっているためズッシリ重いです。

ランスキー(LANSKY) ブレードメディックPS-MED01本体

取説は全て英語でしたが写真付きなのでなんとなくわかります。

ランスキー(LANSKY) ブレードメディックPS-MED01取説

ランスキー(LANSKY) ブレードメディックPS-MED01取説

研いでみた

よーく見ると刃こぼれが確認できますが、マクロレンズもってないので撮影出来ず…

モーラナイフ コンパニオン

まずはCARBIDE(カーバイド)

写真のようにナイフをはめて力を入れず3,4回引くだけで切れ味が戻るらしい。

が、しかしウチのモーラナイフ コンパニオンはかなり使い込んでいて、コレだけではダメでした。

ceramic

戻らない場合は隣のceramicを使いましょう。カーバイドはどちらかというと荒削りでceramicは仕上げ用です。

こちらも力を入れずにナイフを3,4回引くだけ。

ウチの使い込んだモーラナイフ コンパニオンでもコレだけで簡単に切れ味を復活させる事が出来ました。

モーラナイフ コンパニオン

では、残り2つの砥石はどう使うのか⁈

波刃対応セラミックシャープナー

1つは波刃対応セラミックシャープナーというもので、ほどよい硬さで通常使用に良いらしい。

ランスキー(LANSKY) ブレードメディックPS-MED01セラミックシャープナー

使い方はやはり3,4回引くだけ。これでダメだったら最終手段。

ダイヤモンドテーパードロッド

ダイヤモンドが入っているのかどうか知りませんが、とても硬質なため多用は控えた方がいいらしい。

手っ取り早く切れ味を復活させたいときや、硬めの刃なんかにはかなり使えるとのこと。

ランスキー(LANSKY) ブレードメディックPS-MED01を使ってみての感想

「切れ味悪くなったかな」と思ったらカーバイドとセラミックでチャチャっと砥げばすぐに復活するし、それでダメならダイヤモンドテーパードロッドでみたいな何段階かに分けて使えるくせに手のひらサイズな優等生でした。

最新情報をチェック!