Weberグリル用ブラシ

焼き網掃除が捗ること間違い無し Weberグリル用ブラシ購入レビュー

Weberグリル用ブラシ

Weberグリル用ブラシを試す

スノーピーク焚火台S

実験台となるのは、スノーピーク焚火台Sです。

関連記事

快適ソロキャンプを目指し着々と道具が揃ってきたトート(@tow_to_tow)です。こんにちは。 昨年からテントやバーナー、クッカーなどチマチマと揃え、特に何の不満もなくソロキャンプを楽しめるようになってきました。 そんな中、買[…]

焚火台S
スノーピーク焚火台S焼き網

それにしても素晴らしい実験台があったもんです。完璧な汚れ具合。

スノーピーク焚火台S焼き網の汚れ

別にこのためにわざと汚したわけではないんですけどね…

前の教訓が、イマイチ活かせてないようです(汗

焼き網で試す

Weberグリル用ブラシとスノーピーク焚火台S

そんなこんなでブラシの出番です。まずは焼き網からキレイにします。本来は網を熱し、付いた汚れを炭化させて擦るというのが正しい使い方だと思いますが、今回は使用後1ヶ月放置してしまい、そんなやり方じゃとてもじゃないけど落とせない汚れのため洗剤を使ってブラシで擦るという想定です。

Weberグリル用ブラシとスノーピーク焚火台S

最初にブラシの広い部分で一気に擦ります。

Weberグリル用ブラシとスノーピーク焚火台S
勢い余って焚火台を支えている手に当たらないように気を付けましょう。マジで刺さります。そもそもそんなに強い力は要りません。ブラシ部分の針金が硬いので軽く擦ってもかなり汚れは落ちます。
Weberグリル用ブラシとスノーピーク焚火台S焼き網

大まかに擦った後は、写真のように立てて使い残ってしまった細かいところの汚れを落とします。

スノーピーク焚火台S焼き網汚れ

隅っこなんかは重点的にやらないと汚れが残ってしまいますが

スノーピーク焚火台S焼き網

立てて使えばご覧の通り。

スノーピーク焚火台S焼き網側面

側面の汚れも軽く擦るだけで

スノーピーク焚火台S焼き網側面

キレイになりました。

スノーピーク焚火台S焼き網裏側汚れ

焼き網の裏側の汚れは、特に酷くてしつこいんですが

スノーピーク焚火台S焼き網裏側

短時間で簡単にピカピカです。

スノーピーク焚火台S焼き網裏側

ブラシ部分の針金がかなり硬かったので多少の傷は覚悟してましたが、焼き網には目立つような傷はつきませんでした。

Weberグリル用ブラシ
最新情報をチェック!