AirPods proを購入した理由と1週間使ってみたら手放せなくなった理由

自称ポータブルオーディオマニアのtow_to_tow(@tow_to_tow)です。こんにちは。

Apple製品でproって付くとなんでも欲しくなってしまって非常に困ってます。

あっ、iPhone 11 Proは買ってないですけどね…

今まで全く食指が動かなかったAirPodsなんですが、今回Proが付いてしまったのでついつい購入してしまいました。

興味本位での購入でしたが、コレが手放せない逸品と気付いてしまったので紹介したいと思います。

AirPods pro購入理由

「そもそもポータブルオーディオマニアはAirPodsは買わんだろ!」というご批判は真摯に受け止めます。私もそぉ思います。

いくら自称マカーを名乗るApple好きでも、AirPodsだけは欲しいと思ったことは一度もありません。

音質、音漏れ、値段、うどん…理由はいろいろありますが、私にとってどれもこれも購入するに値しない十分なものでした。

では、なぜAirPods proを購入したのか⁈

先ほど興味本位と書きましたが、特段己の嗜好が変わった(変えた)わけではありません。私が変わったのではなくAirPodsが変わったがため、興味が湧いてしまったのです。

ノイズキャンセルが良いらしい

AirPodsにProの冠が付いて1番(?)注文されている機能ですね。自称ポータブルオーディオマニアにとって1番どうでもいい機能もコレです。

 
ノイキャンは邪道だっ!

くらい思ってましたから。

勉強不足で詳しいことはよくわかりませんが、逆位相を流してノイズを掻き消すキャンセル機能。今まで食わず嫌いで他メーカーのノイズキャンセルも試したことはありません。

というか不要だったんです。

カナル型で、イヤーピースを低反発素材のしっかりしたものに変えれば、周りの騒音はそれだけで消えます。音楽流せば完璧に消えます。逆位相なんか出さなくてもノイズは消せるんです。

 
コレぞポータブルピュアオーディオだ!

って思ってたんですが、そんな密閉型にも前々から1つだけ気に入らないところがありました。

それは、耳の穴を完全に塞ぐことによる圧迫感が非常に強いこと。ググッと押し込むため痛みを伴うことも多々あります。

AirPodsはオープンエアーでしたが、AirPods proはカナル型に変わりました。ググッと押し込むタイプです。

普通に考えれば圧迫されることによる耳への違和感、痛み等感じるはずなんですが、コイツはそれが全く無い。

 
イヤーピースがペラペラのシリコン製だからかな!?

と、思ったものの、ちょっと調べてみたら人間工学に基づいてイヤホン本体に空気が流れるようになっていて圧迫感を低減させる作りになっているとのこと。

 
それで密閉型と言えるのか…?!

という素朴な疑問はさておき

 
なんだかAppleすごいぞ!聴き疲れしないのは正義だ!!

などと思いつつ、聴き疲れ繋がりでノイズキャンセルに話しを戻すと、その機能のおかげで音量を上げなくて済むことに気づきました。

今まで使っていたカナル型は没入感を得るために音量をかなり上げて聞いていました。AirPods proは大袈裟でなく、その半分くらいの音量で同じくらいの没入感を得ることができます。

これにより、何時間でも聴き疲れすることなくお気に入りの音楽を聴くことができるようになりました。

AirPods proの音質

それでは音質はどうか⁈

そもそも音質を語れるほど良い耳ではありませんが、それでも昔からAppleのイヤホンの音は苦手だったんです。シャカシャカっていうかスカスカっていうか…

もともとドンシャリ系(10proにcomplyをつけたような音)が好きだったので、正反対のAppleのイヤホンは全く眼中にありませんでした。

そんな私も歳を重ね

 
フラットな音質も良いな

と思ったのはAKGのK3003に巡り合ってしまったときです。かなりの衝撃を受けたのをよく覚えています。

当時

 
イヤホンにこの金額は出せねーだろー

って額でしたが、あの音を聞いてしまったら買わずにはいられませんでした。

コレを機に、ノリノリのドンシャリよりはフラットな綺麗な音に溺れていきます。IE800も846も綺麗な音だったけどK3003が自分の中では1番ハマった音でした。

かなり話がそれましたが、そこでAirPods proの音質です。K3003にほんの少し似ていなくもない、フラットというよりはカマボコ寄りな綺麗な音質だと思いますが、ハッキリ言って普通です…。可もなく不可もなく。

AirPodsは試聴すらしたことありませんので比較できませんが、iPhoneに付属している有線のイヤホンに比べればAirPods proのほうが断然良いです。それは間違いない。

ただし、普通に音質だけ考えれば3万円出す価値はありません。(あくまで個人的見解)

音漏れ

公共交通機関等で、シャカシャカ音漏れしているほうを見ると白いイヤホンだったってことありませんか⁈

私はかなりの確率で、白いイヤホンに当たります。それだけ使っている人が多いということなのかもしれませんし、今までのApple製イヤホンの構造上仕方のないことだとは思いますが

それを理解した上で

 
音量絞ればいいのに…

と、いつも思ってました。

対してAirPods proはカナル型になり、ちょっと耳が痛くなるくらい音量を上げても音漏れはしなくなりました。

程度によります。MAX上げれば当然音漏れするでしょう。
そんな人はいないと思いますが…

また、上述した通り、ノイズキャンセルの恩恵でそもそもそんなに音量上げずに済むので、尚更音漏れを気にする必要がなくなりました。

私は、たまに通勤時に演歌(美空ひばりと小林旭が好き)を聞いたりしているので、音漏れにはかなり気を使ってます。
本人的には、まだ演歌が似合う年ではないと思っているので、漏れていたら若干の気恥ずかしさを感じてしまうためです。

見た目

色んなスポーツ選手が試合会場入りのときに耳からうどん垂らしてるじゃないですか⁈

アレを見て

 
ホントに格好悪いなぁ…
あんなに格好悪いのに、こんなにたくさんの選手が使っているAirPodsってなんなんだろう?!
羽生結弦以外のスポーツ選手の耳は駄耳だな!

と、ずっと思ってました。

そこへProの発売です。うどんの長さはAirPodsと比べて約1㎝減。

これだけで見た目には良くなりそうな気がしないでもない。ていうか、ようやく普通の見た目になったというか…。

結局のところのAirPods pro購入理由

長々とAirPods proの可否を書いてきましたが、結局のところ購入した理由はなんなのか?

というと

 
思っていたマイナス要素がほんの少し改善され、やっと普通のイヤホンになりApple製品で身を固めている自称マカーとしては、唯一手にしたことがなかった最後のピースとなるAirPods proを手に入れ、完全体になりたかったから。        

と、いうことになります。

開封

10月29日にApple Storeへ注文、11月1日に到着しました。

当初は1〜2週間かかる見込みでしたが、あれよあれよという間に到着してました。

 
言うほど人気ないんじゃね?!

なんて思ったのも束の間、あっという間に1〜2カ月待ちになってました。早めに注文しといて良かった。

AirPods pro 外箱

粗末な段ボールを開けて

AirPods pro 開封

綺麗な箱の登場です。

AirPods pro パッケージ

裏面↓

AirPods pro パッケージ裏面

側面↓

AirPods pro パッケージ側面

このビニールをペリペリ破くのが大好きです。

AirPods pro パッケージ

最新のソフトウェアを搭載したApple製品と互換性が有りQi充電対応等々書いてあります↓

AirPods pro パッケージ側面

箱を開け、1番上にある説明書等退かすと

AirPods pro 開封

お目見え↓

AirPods pro 開封

本体退かして、まずは付属品の確認↓

AirPods pro 開封

充電ケーブルとイヤーピース↓

AirPods pro 付属ケーブル

充電ケーブルはLightning-typeC

これでiPad Proからも充電できます。一見便利なようだけど、今のところ我が家ではそれ以外の使い道がないという…

AirPods pro 付属ケーブル

本体の保護シールも剥がしましょう↓

AirPods pro

バリバリっと破きたくなる衝動を抑えて丁寧に剥がしました↓

AirPods pro

むきたての卵のようです。

AirPods pro

ペアリング

この状態↓にしてiPhoneを近づけると

AirPods pro

簡単にペアリングできます。

AirPods pro ペアリング

シームレスな連携ってやつですね。

AirPods pro ペアリング画面

ちなみに、開封後すぐの電池残量はコレくらいでした↓

AirPods pro ペアリング画面

本体

やっぱりうどんに見えなくもない…

切れ端か…

AirPods pro

が、しかし、実際手にするとカッコ良くも見えてくる摩訶不思議

AirPods pro

この角度なんかはイヤホンにしか見えない↓

AirPods pro

うん、確かに普通のイヤホンだ…

AirPods pro

イヤーチップ装着テスト

『良い音で聴くためにキチンと耳にハマってるかテストしましょう』ってやつで、なかなか面白いです。

AirPods pro イヤーチップ装着テスト画面

やり方は簡単。イヤホンを耳につけて再生ボタンを押すだけ。あとは勝手に判定してくれます。

AirPods pro イヤーチップ装着テスト画面

試しにスカスカなSサイズつけてやってみたらNG出てました。

ぴったりハマるLサイズ付けたら良好ですの表示↓ちゃんとテストしてくれているようです。

AirPods pro イヤーチップ装着テスト画面

まとめ

さて、手放せなくなった理由です。

最初の理由は、強力なノイズキャンセルです。実際、他のノイキャンイヤホンは試したことがないので、それらに比べて強力かどうかは分かりませんが

ノイキャン初体験の身としては

 
こんなもんか…

っていうネガティブな感じではなく

 
おぉーコレは凄い!!

っていうポジティブな衝撃を受けました。おかげで通勤が楽しくってしょうがないです。

ウチの長男は受験生なんですが、AirPods proを貸してやったら『騒音が消えて勉強が捗る』っと言ってました。こちらも気を使うことなくテレビを見たり普段通りの生活ができるのでAirPods pro様々です。

他にも長時間音楽を聴いていても疲れない事や、使っているうちに音質が良くなっている事(耳エージング⁈)Appleならではの他機器との連携の良さ等々手放せない理由は何個かあるのですが、最大の理由は『MacBook ProにSidecarでiPad Proを使いApple Watchをはめ、iPhoneを傍らに置きAirPods proで音楽を聴く』という傍目で見たら少し気味の悪い中年オヤジの完全体に酔えるというところなんだろうと自己推察しています…

ワイヤレスイヤホンの投稿はこちら↓

関連記事

こんにちは。私の三大趣味のうちの1つ、ポータブルオーディオの世界から3年あまり遠ざかっていたtow_to_tow(@tow_to_tow)です。ちなみに残りの2つの趣味はキャンプとアクアリウムです。それ以外にもサッカーとカメラなんか[…]

MOMENTUM True Wireless

その後のAirPods proはコチラ↓

関連記事

もっと早く買っとくべきでした。AirPods Pro購入から4ヶ月が経ちました。そのうち自分で使ったのは最初の1ヶ月だけ。あとの3ヶ月は受験生だった長男の耳栓として使われてたんですが、無事志望[…]

最新情報をチェック!