Apple Watchのベルトを変えたら想像以上の気分転換になった話

普段の生活の中で適度な気分転換は必要ですよね。部屋の模様替えしたり、カバン変えたり、妻を変えたり…十人十色人それぞれ方法はあるかと思います。他人がとやかく言うことではないです。

いやいや、そんな話をしたかったわけではありません。

私の場合、イヤホンや時計などちょっとした小物や靴、カバンなど普段身につけているモノを1つ変えるだけで相当気分転換できます。胃が痛くなるほど精神的に追い詰められている職場に向かうのでさえ楽しく思えるほどです。

しかし1つ問題があります。それはモノを変えて得られる新鮮味が長続きしないということ。もって3ヶ月くらいなので、お金がいくらあっても足りません…

そんな折、Apple Watchを購入したときから目論んでいたサードパーティー製のベルトへ交換をしてみたところ、とても気分転換できたんです。

しかも、リーズナブルなモノがたくさんあるので新鮮味が失せたとしても買い替えに悩まずに済みます。

簡単に気分転換できて懐も痛まない、Apple Watchのサードパーティー製交換ベルトを何本か購入してみたので使い心地など紹介したいと思います。

革製のApple Watch交換ベルト

LOVLEOP Apple Watch バンド パッケージ

最初に探したのが革製のベルトでした。

 
ここ何年も革製のベルトしてないなぁ

と、思ったのがその理由。

Amazonでチャチャっと探して購入したのがLOVLEOPという会社の本革ベルト。

開封

LOVLEOP Apple Watch バンド 開封

ご丁寧にお手紙付きでした。

LOVLEOP Apple Watch バンド 開封

開封したらApple Watch本体のカバーまで入っていて、ちょっと得した気分。

LOVLEOP Apple Watch バンドに付属していた本体カバー

カバーはこないだ買ったばかりなので、とりあえず使わずに取っておきます。

品質

LOVLEOP Apple Watch バンド 黒

さて、本革ベルトですが、パッと見は悪くないです。

高級感があるかと言えば、それは無理がありますが

LOVLEOP Apple Watch バンド 裏側

作りは丁寧な印象を受けました。

LOVLEOP Apple Watch バンド

牛革使用とのことですが、手に持った感覚として革自体そんなに柔らかくはありません。むしろ固いような気がします。この辺りは使い込むと馴染んでくるのかもしれません。

装着

LOVLEOP Apple Watch バンド

Apple Watchへ取り付ける感じは純正品のそれと何ら変わりはありません。スルッと入ってピタッと止まります。

LOVLEOP Apple Watch バンド

上下や向きも間違えようがないので簡単です。

今回、ベルトは黒を買ったので表側は全て真っ黒になってしまいました。

色はかなり豊富で10種類以上ありましたので明るい感じにするのも有りかなと思います。

高級感を求めて購入すると、ちょっと期待外れかもしれません。だからといってみっともないほど安っぽくもなくオンでもオフでも利用価値は高そうな気がします。

最新情報をチェック!