Apple Watchのベルトを変えたら想像以上の気分転換になった話

金属製の交換ベルト

Evershop 44mm/42mm ステンレス アップルウォッチ ベルト

さて、続いては金属製です。本革のときと同じくAmazonで取り扱いのあったEvershopという会社のモノ。

素材はステンレスで、重量は約100g

色はシルバーとブラックの2種類。

今回は本革同様黒にしちゃいました。黒好きなんです。

開封

Evershop 44mm/42mm ステンレス アップルウォッチ ベルト 開封

開封して最初に目に飛び込んできたのがシルバーの写真だったので

 
誤配か!?

と、思いましたが

Evershop 44mm/42mm ステンレス アップルウォッチ ベルト

ちゃんと黒でした。紛らわしいです。

Evershop 44mm/42mm ステンレス アップルウォッチ ベルト 説明書

その紛らわしい写真の正体は取説でした。ベルトの長さ調節の仕方が載ってます。英語で。

Evershop 44mm/42mm ステンレス アップルウォッチ ベルト 同梱品

同梱品はこんな感じ。

Evershop 44mm/42mm ステンレス アップルウォッチ ベルト 同梱品

ベルトを留める細かい部品と

Evershop 44mm/42mm ステンレス アップルウォッチ ベルト 同梱品

ベルトの長さを調節するときに使う道具。

Evershop 44mm/42mm ステンレス アップルウォッチ ベルト

ベルト本体はビニールに包まれて保護されてます。

Evershop 44mm/42mm ステンレス アップルウォッチ ベルト

この辺は丁寧で好感もてますね。

Evershop 44mm/42mm ステンレス アップルウォッチ ベルト

ロック解除はダブルボタン式でした。両サイドに付いているボタンを同時に押さないと外れないようになってます。

別になんてことのない普通の仕様ですが、なんとなく紹介してみました。

装着

Evershop 44mm/42mm ステンレス アップルウォッチ ベルト 取り付け

本革のベルト同様、至ってスムーズに取り付けられます。

Evershop 44mm/42mm ステンレス アップルウォッチ ベルト 取り付け

ただし、こちらのベルトはちゃんとした向きがありました。

Evershop 44mm/42mm ステンレス アップルウォッチ ベルト

突起がない方を上に付けないとロックしづらいです。

Evershop 44mm/42mm ステンレス アップルウォッチ ベルト

長さ調節のやり方

説明書が英語だったので、念のため載せときます。

Evershop 44mm/42mm ステンレス アップルウォッチ ベルト 調節

専用工具の上にベルトを置きます。このとき、外したい部分の留め具(ピン)の場所を溝に合うようにします。

Evershop 44mm/42mm ステンレス アップルウォッチ ベルト 調節

あとはネジ式になっているところを締めればピンが出てきます。簡単です。説明書見なくても誰でも出来ます。

まとめ

Evershop 44mm/42mm ステンレス アップルウォッチ ベルト

今回購入した中では、金属製のベルトが1番しっくりきてます。

Evershop 44mm/42mm ステンレス アップルウォッチ ベルト

軽過ぎず重過ぎず、適度な重量があって、見た目もなかなか良い雰囲気を醸し出してます。

Evershop 44mm/42mm ステンレス アップルウォッチ ベルト

問題は、耐久性ですね。

黒のメッキが剥がれるのは時間の問題かもしれません。本革のベルトも同様にボロボロになるのにそう時間はかからないでしょう。

それでも

 
まっいっか

と、思えるほど安価だったのでしょうがないです。そのつもりで安いの買ったんだし。ボロボロになる前に別の良さげなのを探せば良いだけのこと。1,500円くらいでこんなに気分転換させてくれるんだから安いもんです。

皆さんも是非お試しあれ!

Apple Watchの話はコチラ↓

関連記事

こんにちは。自称マカーのトート(@tow_to_tow)です。 iPhone発売されましたね。私は集合体恐怖症の気があるのでiPhone11はパスしました。これからあのレンズがいくつまで増えるのか、考えただけでも恐ろしい…[…]

Apple Watch
最新情報をチェック!