自称ポータブルオーディオマニアのイヤーピース事情

自称ポータブルオーディオマニアのトート(@tow_to_tow)です。こんにちは。

SENNHEISERのMOMENTUM True Wirelessを購入してから1年が経過しました。その間、1度だけ他機種に浮気しましたが、音質で圧倒しているSENNHEISERを今も愛用しています。

関連記事

自称ポータブルオーディオマニアのtow_to_tow(@tow_to_tow)です。こんにちは。Apple製品でproって付くとなんでも欲しくなってしまって非常に困ってます。あっ、iPhone 11 Proは買ってな[…]

Bluetoothのくせに自称ポータブルオーディオマニアを唸らせ続けるMOMENTUM True Wirelessですが、1つだけ気に入らないところがあります。

それは付属のイヤーピースです。

他のイヤホンもだいたい一緒なんですが、付属のモノがシリコンタイプだった場合は、ほぼほぼ使いません。好みの問題もあると思いますが、音が薄っぺらく感じてしまうんです。

MOMENTUM True Wirelessも例に漏れず付属のイヤーピースがシリコンだったため最初に試聴して

 
うん、やっぱりシリコンの音だ…

と、いうのを確認して、そのあとは使っていません。

では、「何を使っているのか?」というと、紆余曲折ありましたが、つい最近、最適解と言っても過言ではないイヤーピースを見つけたので紹介したいと思います。

ありふれた最適解ではありますが、そこに至るまでの過程と共に読み進めていただければ幸いです。

お気に入りのイヤーピース

モンスターケーブル

モンスターケーブル イヤーピース

コレは7、8年前に購入した『モンスターケーブル』というメーカーのイヤーピース。

元々は同メーカーの『マイルス・デイビス』モデルのイヤホンを買ったのがキッカケでした。

付属のイヤーピースが完璧に耳にフィットしたので、好奇心からお試しセットみたいなやつを購入。

ちなみに、製造中止になったと聞いていましたがAmazonでまだ取り扱いがありました。在庫限りだと思われるので買ってしまおうか考え中…

モンスターケーブル イヤーピース

何個か紛失してしまったので、上の写真にあるヤツでほぼ全部です。

素材と形が違うモノがSMLそれぞれ入っていて、自分の耳に合うヤツを試せます。

ここ何年か、どんなイヤホンを購入してもステムが合う限り私のデフォルトイヤーピースとして大活躍でした。

コンプライ

コンプライ TX-500

上の写真は、確かTX-500って型番だったかな←うろ覚え

素材は低反発ポリウレタン

私が初めてコンプライに手を出したのは今から10年くらい前、10Proというイヤホンを購入したときでした。

それまで、ソニーやオーテクのイヤホンしか聞いたことがなかった身としては10 Pro自体の音も衝撃でしたが、それにコンプライを付けた音は、健全な市民をポータブルオーディオマニアに仕立て上げるにはもってこいの組み合わせでした。

このコンビのおかげで後にどんだけ小遣いをぶっ込むことになったことか…

Linnのシステム組んで(安いヤツ)

 
コレぞピュアオーディオだ!

ってほざいてたのが可愛く思えるくらい。

大体、上記2種類をメインで使って、新しくて良さげなのが出たら試しに使って、またモンスターケーブルとコンプライに戻るっていうのを繰り返してました。

AirPods proのイヤーピース

AirPods pro

「ポータブルオーディオマニアは絶対買わないだろー」と言われても反論できるわけがない、完全ワイヤレスイヤホンの2個目です。

『自称ポータブルオーディオマニア』ですが、『自称マカー』でもあるので購入しちゃいました。

このイヤホンのイヤーピースもペラッペラのシリコン製です。

が、不思議と

 
コレはコレで悪くない

と、思わせてくれます。

『何も足さないけど何も引かない』みたいな。

 
シリコンも悪くないなー

と、思い調子に乗ってMOMENTUM True Wirelessにシリコン付けてもちっとも良く聞こえない摩訶不思議…

AirPods proはコレで完成形なんでしょうね、きっと。

MOMENTUM True Wirelessのイヤーピースをいろいろ付け替えてみた

MOMENTUM True Wireless+モンスターケーブル

MOMENTUM True Wireless モンスターケーブルのイヤーピース

ステムの径はパッと見はちょうど良いです。キレイに嵌ったのでそのまま試聴しました。

MOMENTUM True Wirelessとモンスターケーブルのイヤーピース

音質はシリコンに比べたら断然良いです。上手いことSENNHEISERとモンスターケーブルの良いとこ取りしてる感じ。

 
さすがモンスターだな

なんて、ご満悦だったのも束の間、イヤホンを耳から外すときにイヤーピースが耳に残っちゃいました…

MOMENTUM True Wirelessは、装着時かなり耳の奥に突っ込むのでイヤーピースも随分と奥に取り残されてます。

この時は1人じゃなかったのでピンセットで取ってもらって助かりましたが、1人だったらかなりヤバい状況でした。

ステムの径はピッタリだったのですが、ステムの長さが若干短い上に、引っかかる部分が合わなかったのかな…

MOMENTUM True Wireless
ステムが短い…

MOMENTUM True Wireless+コンプライ

いつものコンプライ(TX-500)←うろ覚え

耳垢ガード付きでかなりのお気に入りです。かれこれ10年来の付き合いとなりました。←もちろん何回か買い直してます

ではでは

 
MOMENTUM True Wirelessと合体させよう

と思ったら、試すまでもありませんでした。

コンプライTX-500とMOMENTUM True Wireless

残念です。ご覧の通り経が全く合いません。

500番系の型番では無理でした。この感じだと400番系でもダメかな。

新たに購入したイヤーピース その1

TX-500よりも径の小さなヤツを探し、徘徊しているときに良さげなのを発見。

COMPLY TW(Truly Wireless)

コンプライから出ているワイヤレスイヤホン用のイヤーチップ。

COMPLY TW(Truly Wireless)

型番は、COMPLY TW(Truly Wireless)

ワンペアで1,500円以上と、お値段若干高めですが、MOMENTUM True Wirelessにも使えるのを確認して購入してみました。

COMPLY TW(Truly Wireless)

素材は他のコンプライ製品と一緒の低反発ポリウレタン。耳に入れる前にギュッと潰してジワジワ広がるヤツです。

COMPLY TW(Truly Wireless)
耳垢ガード付き

芯にコンプライ独自のスマートコアというのを採用していてほぼ全てのワイヤレスイヤホンに合うと謳ってます。←ホントかよ!

COMPLY TW(Truly Wireless)とMOMENTUM True Wireless

実際、MOMENTUM True Wirelessにも問題なく使用できました。音質、遮音性共にコンプライ品質なのは間違いないです。

 
コレは良いぞ

と思ったのですが、またしても問題が…

TW(Truly Wireless)はサイズがMしかないんです。

COMPLY TW(Truly Wireless)

普段コンプライはMサイズを使用しているので大丈夫かと思ったのですが、作りが非常にコンパクトに出来ているため、私の耳には少し小さい感じがして微妙に合いませんでした。

この小ささのおかげでケースにしまうときに楽だったり、MOMENTUM True Wirelessをハメたときの耳から飛び出る問題が若干緩和されたり等々メリットは沢山あるんですが、いかんせんサイズが合わなきゃ意味がありません。

新たに購入したイヤーピース その2

 
もうこうなったら片っ端から買いまくり、ベストなイヤーピースを探してやる!

半ば投げやり状態です。

『大き過ぎず小さ過ぎず』をコンセプトに小さい方から攻めることに。ちなみになぜ小さい方からかというと、デカすぎると耳が痛くなるからです。

コンプライ TS-200アジアンフィット

200番台で探して見つけたのがコンプライのTS-200アジアンフィットってヤツです。サイズはSMLの3種類ありますが懲りずにMにしてみましたが、結果から言うとコレが大正解。

TS-200アジアンフィット

ちょっとケチって耳垢ガードの付いていない安いヤツ買ってしまったので、そこだけは悔やまれますが、それ以外は完璧です。

TS-200アジアンフィットとMOMENTUM True Wireless

ステムの経もバッチリ。耳の奥に押し込んでもイヤーピースが耳の中に残ったりはしません。

TS-200アジアンフィットとTW

TW(Truly Wireless)もMサイズでしたが、TS-200の方が一回りくらい大きいです。高さはほぼ倍あります。

TS-200アジアンフィットとMOMENTUM True Wireless

大きくなるとケースへのしまいづらさ問題が出てきますが、それもギリギリセーフでした。

まとめ

イヤホンによって聴こえる音が変わるのはプラシーボではなく事実です。使っている素材や仕組みが違うのだから当たり前のこと。

スピーカーも同じくそれぞれ音質があります。

ケーブルは、音が変わるという人もいれば思い込みだ、という人もいて賛否両論あるので、ここでは触れません。

以上を踏まえると、イヤーピースも当然のことながらそれぞれ特徴があります。こんなに小さくて、どれも同じように見えますがイヤーピースを変えるだけで音質が劇的に変化するんです。もちろん向上するだけでなく劣化してしまうモノもありますが、いろいろな組み合わせを試して好みの音になったときの喜びはひとしおです。

今回、MOMENTUM True Wireless+コンプライが現状私の最適解となりましたが、特段何万円もするイヤホンでなくとも普段何気なく使っているモノでも充分な効果があるはずです。また、ちょっとした気分転換にもなりますので試行錯誤しながら是非自分好みの音質になるイヤーピースを探してみてください。

MOMENTUM True Wireless関連はコチラ↓

関連記事

こんにちは。私の三大趣味のうちの1つ、ポータブルオーディオの世界から3年あまり遠ざかっていたトート(@tow_to_tow)です。ちなみに残りの2つの趣味はキャンプとアクアリウムです。それ以外にもサッカーとカメラなんかも好きなんです[…]

MOMENTUM True Wireless
関連記事

こんにちは。トート(@tow_to_tow)です。ひょんな事からポータブルオーディオ熱が復活しMOMENTUM True Wirelessを購入したのはつい先日のこと。[sitecard subtitle=関連記事 url=http[…]

MOMENTUM True Wireless 収納ケース
最新情報をチェック!